妊娠の症状を正しく理解する為には 妊娠の兆候


妊娠の兆候妊娠をすると体のあちこちに変化が現れ始めます。一番分かりやすいものの一つがつわりですが、それ以外にも実に色々な症状が。ただ、妊婦さんによってその症状の種類・強さは様々ですし、同じ妊婦さんでも、感じ方が赤ちゃんによって全く違う…ということが多いようです。

ここでは、一般的な妊娠の症状についてご紹介します。


妊娠による体調の変化の原因

最大の原因は、ホルモンバランスが変化する事です。その結果、つわりや乳房の張り、眠気、疲労感等が出やすくなってくるのです。妊娠検査薬は、そのホルモンの一つ、「黄体形成ホルモン」の量が急激に上がる事を確認する事で、妊娠しているかどうかを検査するものです。

一般的な妊娠の兆候

  1. 月経が止まる
  2. 基礎体温の高温期が続く
  3. 便秘がちになる
  4. 食べ物の好みがかわる
  5. おっぱいが張ってくる
  6. ガスがたまりやすくなる
  7. 乳首の色が濃くなる
  8. 精神的に不安定になる
  9. おりものに変化がある
  10. つわりがある

以上のような兆候は人によって感じ方に大きな差があり、極端な場合は、「想像妊娠」と呼ばれるような、妊娠はしていないのに、まるで妊娠をしたかのような体の変化が起こる事もあります。

もしかして…と思う事があったら、妊娠検査薬をを使って、検査をしたり、産婦人科を受診し、しっかりと妊娠か否かを確認したうえで、もし、妊娠している事がわかった場合は、母体と赤ちゃんの事を考え無理のない生活を送って行きましょう。

妊娠をして、体の様々の場所に変化が起きたり、つわり等が始まって、あまり活動的に行動できなくなるのは、まだまだ不安定なお腹の中の赤ちゃんを守る為のサインと考えてもよいのかもしれませんね。

関連記事はこちらです

妊娠の症状を正しく理解する為に 排卵検査薬

妊娠の症状を正しく理解する為に…:排卵日を知ることが大切です

妊娠超初期症状