妊娠超初期症状のタイミング


妊娠超初期症状のタイミング

妊娠超初期症状の兆候は、症状によって現れるタイミングが異なります。えば、おりものに茶色い出血が混じる着床出血とよばれる妊娠超初期症状は、排卵日の1週間ぐらい後に起きることが多く、妊活中の人はもちろん、そうでない人でも妊娠超初期症状に気づきやすいのです。

その他体がだるくなったり、夜きちんと寝ているはずなのに昼間でも眠くなってしまったりという症状もありますが、これが超初期症状だと気付かないまま妊娠初期を迎える人もいます。また、つわりと呼ばれる症状は妊娠初期に起きるのが一般的ですが、人によっては妊娠超初期症状の後半あたりから自覚できる人もいて、突然吐き気に襲われたり、また匂いに敏感になるなどの兆候が出ることも稀にあります。

ただし妊娠超初期症状の中には風邪の症状とよく似たものもあるため、現れるタイミングが生理が遅れる前のタイミングだったりすると、妊娠超初期症状ではなく風邪の症状かなと思ってしまう人も多いようです。妊娠超初期症状は兆候のタイミングが微妙なので、妊娠を意識していたり妊活中だったりしないと気づきにくいことも多いもの。しかし、妊活中の人なら、こうした妊娠超初期症状を理解したり基礎体温をきちんとつけることによって、生理が遅れる前の妊娠超初期の段階で、妊娠を自覚することも可能です。

妊娠超初期は、最終月経の初日から28日間のことを指します。しかし実際には、最終月経から排卵日までの14日間は受精していないわけですから、妊娠の兆候が現れることはありません。どのような兆候でも、表れるタイミングは、排卵日から生理予定日までの14日間の間。それも、排卵日直後ではなく、生理予定日に近いタイミングで兆候が表れることが多いようです。

妊活中だったりすると、ほとんどの人は見過ごしてしまいがちな妊娠超初期の症状も生理予定日の前にキャッチすることができます。早い人だと生理予定日よりも前の時期から眠たくなったり体がだるくなったり、食欲がなくなってしまったりすることもあり、栄養バランスのとれた食事ができないことに対して罪悪感を感じてしまう人もいます。しかし、この時期にはお腹の中では卵子と精子が受精したばかりの受精卵の状態で、大きさもとても小さいため、受精卵が成長するために必要な栄養は、母体が積極的に食事がとれない状態でも十分に供給できているので安心してください。妊娠超初期症状によって妊娠かなと思ったら、普段と違う体調の変化を受け入れてできるだけ無理をせず、リラックスして過ごすようにしましょう。妊娠超初期症状の兆候やタイミングは個人差があるので、出る人もいれば出ない人もいることを理解することも必要です。

こちらの関連している記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠超初期とは
妊娠超初期の定義と留意点
妊娠超初期症状の原因
妊娠超初期症状の内容
妊娠超初期症状 受精から着床までの時期の自覚症状
妊娠超初期症状と着床出血
妊娠超初期症状と基礎体温
妊娠超初期症状と化学的流産
妊娠超初期症状と想像妊娠
妊娠超初期症状の自己診断法