妊娠の症状 妊娠6ケ月目(妊娠20週~23週)


妊娠6ケ月

赤ちゃんの身長は約30㎝、体重は700グラム程度になってきます。この頃、子宮の中では、羊水の量が増え、赤ちゃんの動きも大きくなります。そのため、胎動も以前に比べ、よりはっきりと強く感じられるようになってきます。この時期に一時的に逆子であっても、赤ちゃんが動く事ができるスペースが大きいため、自然に治る事も多いので、あまり心配する必要はありません。

胎動を感じなくなった時は、何かトラブルが起きている可能性もありますので、次の検診を待たず、診察を受けるようにしてください。

6カ月に入ると、エコー写真に外性器もはっきり確認できるようになるので、かなり高い確率で、性別を判断する事が可能になります。また、見た目も新生児にちかくなり、エコー写真では、すでに指しゃぶりをしている姿をとらえることも出来るようになります。

また、耳が聞こえるようになってくるのもこの時期。ママの声を聞き分けられるとも言われています。


ママが感じるカラダの症状

子宮底長(恥骨の上から子宮の一番上の部分までの長さ)は、20㎝前後に。お腹は一気に大きくなり、重くなってきます。そのため、以前と同じような姿勢を保つ事が出来ず、腰痛になる人も少なくありません。

また、子宮が大きくなり、周りを圧迫する事で、また胃の辺りが重く感じ、食欲が減退する人も出てきます。また、下半身にも影響が出ます。血行がわるくなり、足がつったり、ふくらはぎの筋肉が硬くなったりします。毎日の事ですので、少しマッサージをするなどして、楽になる方法を探していきましょう。

これまでの衣服が窮屈に感じたり、バストサイズが変わって、妊娠線が出始める人もいます。入浴後に保湿クリームを塗るなどして対策を取る事も出来ます。また母乳が出る事もあります。この頃から、乳首への刺激は、子宮を収縮させることに繋がるので、乳房のマッサージなどは注意をする事が必要です。

ホルモンバランスが崩れることで、便秘の症状を訴える妊婦さんも少なくありません。排便時あまり力を入れるのはよくありませんし、お腹が張って辛いような場合は、市販の便秘薬を使うよりは、検診を待たず、かかりつけのお医者様に相談しましょう。

体重の急激な増加にも注意が必要です。塩分の取り過ぎや過度な体重の増加は、「妊娠高血圧症候群」(妊娠中毒症とも呼ばれるものです。)にも繋がりかねませんので、毎回の検診結果に留意し、更なる体重管理・体調管理をしていく事が大切になってきます。

妊娠6カ月は安定期でもあり、特にトラブルがなければ、様々な活動を制限するものではありません。この時期、出産や、出産後の準備をしておくなど、有意義に使いたいですね。

関連記事もどうぞ

妊娠の症状 妊娠10ケ月目(妊娠37週~40週)

妊娠の症状 妊娠9ケ月目(妊娠32週~36週)

妊娠の症状 妊娠8ケ月目(妊娠28週~31週)

妊娠の症状 妊娠7ケ月目(妊娠24週~27週)

妊娠の症状 妊娠5ケ月目(妊娠16週~19週)

妊娠の症状 妊娠4ケ月目(妊娠12週~15週)

妊娠の症状 妊娠3ケ月目(妊娠8週~11週)

妊娠の症状 妊娠2ケ月目(妊娠4週~7週)

妊娠の症状 妊娠1ケ月目(妊娠0週~3週)

妊娠超初期症状