妊娠中の食欲と体重管理はどうすればいいの?


妊娠 食欲 体重妊娠初期は、つわりのために食欲も無くなりがちですが、辛かったつわりが終わる頃には、急にお腹がすくようになってつい食べ過ぎたり、体重もだんだん重くなるため、体を動かす事がおっくうになり、必要以上に太ってしまう妊婦さんがいます。また、里帰り出産のために帰省すると、親御さんがいろいろ気遣って周りの事をしてくれたり、美味しいものを沢山用意してくれたり…とこれまでと環境が変わって、摂取カロリーに消費カロリーが追い付かず、どんどん太ってしまう妊婦さんもいます。

まだ食糧事情が悪かった時代は、しっかり栄養をつけるために、「赤ちゃんのためにも、二人分しっかり食べなければ…。」といって、母体の栄養状態が悪くならないよう努めたものですが、現代は、むしろ適切な体重コントロールの方が重要になっています。


妊娠中の体重増加

赤ちゃんがお腹の中で育つわけですから、体重が増えるのは当然です。ただし、よく考えてみれば、赤ちゃんは3000グラム前後で生まれてきます。胎盤・羊水などがおよそ1000グラム。そして妊娠に伴って必然的に増える血液・体液・脂肪分等がおよそ3000グラム~4000グラム程度。つまり、7000グラム~8000グラムの体重増加は妊娠10カ月の間赤ちゃんを育てていくのに必要な体重増加となります。しかし、それを超える体重増加は、脂肪が妊婦の方の体に付いてしまったもので、不要な体重増加は、出来るだけ抑えなければなりません。


妊娠中の過度な体重増加はなぜいけないの?

体重の過度な増加は、母体と赤ちゃんの両方によくない影響があることがわかっています。

妊婦の方にとっては、体重が負担となり、腰やひざが痛くなる。子宮収縮が弱くなり、出産までの時間が長くなり、いわゆる難産になってしまう。そして、その結果、産後の回復が遅れる。糖尿病等の合併症を引き起こしやすくなる…などなど。

赤ちゃんにとっては、早産で生まれる確率も増え、未熟児になりやすいという報告がされています。未熟児が問題なのは、ただ、小さく生まれると言うだけではなく、胎児の頃に母体からもらう免疫体の量が通常の出産に比べ減ってしまうため、細菌やウイルスに感染する確率が、高くなってしまうのです。

ママにとっても、赤ちゃんにとっても、マイナスの影響の大きい過度な体重増加。普段以上に体重管理・健康管理をする必要があります。


妊娠中の食欲は…。

妊娠中は、なぜだかいつもよりお腹がすく…という妊婦さんは少なくありません。思うように動けなかったり、パートナーが体を気遣ってくれなかったり…とちょっとしたストレスも甘いものに手が伸びてしまう原因になってしまっているのかもしれませんね。

そんな時、ただただ我慢するのはストレスをもっと大きくしてしまいます。無理せずカロリー制限出来ると良いですね。例えば、ノンカロリーのゼリーとか、わらび餅とか、寒天などは、妊婦には嬉しいおやつかもしれません。また菓子パンやケーキ等は控えて、繊維分の豊富なシリアル等を上手く活用すると、便秘解消にも繋がります。いろいろ楽しみながら工夫してみましょう。


妊娠中の体重管理~レコーディングダイエットはおすすめです。

通常のダイエットにも効果の大きい「レコーディングダイエット」は妊娠中にも特におすすめです。「レコーディングダイエット」とは、食べた物や、体重を毎日きちんと記録していく方法。一目で体重の増減や食べた物がわかり、日々見直す事が出来ます。

お腹が大きくなって体が重くなっていくのは、赤ちゃんが日々育っていく幸せな重さです。過度な体重オーバーにつながらないよう、少しずつ毎日のチェックを続けて、ストレスなく体重コントロールをしていきましょう。