妊娠の症状:便秘の原因と対処方法


妊娠 便秘妊娠中、便秘に悩まされる妊婦さんは珍しくありません。便秘にも程度がありますが、2~3日程度便通が無く、それ程腹部の違和感・不快感が無ければ、余り心配はいりません。腸が詰まっている感じがして不快、排便をしてもころころとした硬い便が出る、長い時間いきまないと便が出ない、便が残っているような感じがある、1週間以上排便が無い…、というような場合は、そのままにせず、毎日の食事を見直したり、必要に応じて、病院でお薬を処方してもらう事が必要になってきます。

頑固な便秘をそのままにした場合、痔になる確率が高くなります。また、妊娠後期には、早産等の子宮収縮によるお腹の痛みを、便秘によるお腹の痛みとを間違えてしまい、早産のサインに気づくのがおそくなった…という事も報告されています。出来れば早めに便秘を改善しておきましょう。

便秘の原因

妊娠をしていなくても、

  •     偏った食生活
  •     精神的ストレス
  •     便意があっても排便を我慢してしまう事が多い
  •     水分摂取が少ない

などが原因となって、一時的あるいは、慢性的に便秘になる人は少なくありません。

こういったことに加え、妊娠中は、黄体ホルモンの分泌が多くなりホルモンバランスに変化が生じることや、子宮が大きくなることで腸を圧迫したり、お腹が大きく重くなって動きにくくなることでの運動不足など、普段よりも便秘になり易い環境になっています。

便秘の対処方法

よく言われるのが、繊維分の多い食事を心がけましょう…という事ですが、ただただ食物繊維の多い食事をとればよいというものではありません。基本は、バランスの良い食事。過度な飲食はさけ、バランスを考えた上で、食物繊維の豊富な食材を毎日の食事に取りいれる事を心がけましょう。

つわりがひどい時は、口にできる食べ物も限られ、バランスを考えている余裕などないと思います。この時期は、食べられるものを食べる…ということで良いと思います。ただ、水分摂取量まで減ってしまうと、便秘を悪化させたり、体調を崩しかねませんので、飲みやすい自分にあった飲料水を意識的に取るようにしましょう。

また、妊娠中は運動量が減りがちです。あまり激しい運動はおススメ出来ませんが、ストレッチや、マタニティーウォーキングなどかるい全身運動を心がけましょう。身体を動かす事は、精神的なリラックス効果も期待できますので、体調を見ながら、普段の生活のなかに取り入れていきましょう。

妊娠中に限った事ではありませんが、毎朝トイレに座る…とか、朝、起きた後必ずコップ一杯程度お水を飲むなど習慣化して、カラダのリズムを整えていくとよいですね。

こちらの関連記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠の症状:腰の痛みの原因と対処方法
妊娠の症状:動悸・息切れの原因と対処方法
妊娠の症状:熱っぽさの原因と対処方法
妊娠の症状:吐き気の原因と対処方法
妊娠超初期症状