バースプランで必要な3つのこと


バースプランで貴方の出産を素晴らしいものにバースプランは、産む人が、出産をどう行いたいか、産後をどう過ごしたいかについての希望を書いて産院に提出するものです。
背景としては、お産のやり方、産前・産後の過ごし方が、多様化していることがあります。一昔前と比較すると、出産法、出産時、出産前後の過ごし方等で、産む人本人の意思を反映させることができるようになっています。産む人にとって、現実的に可能なオプションが幾つもあり、それについて選択をするのか、産院に任せるのか、選択するとすれば、何を選択するのか、産院側に伝えることにより、産院も産む人のニーズを正しく理解し、対応することができ、出産の満足度を向上させることが出来るのです。
ただ、「バースプラン」に何を書くべきか、よくわからないという声もよく聞きます。この文章では、バースプラン作成で、注意すべき項目について述べます。

1.    バースプランについての考え方

まずは、今思っていること、気になっていること、わからないことを、率直に、気楽に書きましょう。希望することが特になければ、書かなくても構いません。

2.    バースプランで検討する項目

何を書いても構わないのですが、一般的には、以下のような事項について希望があれば、記入すればいいと思います。記入したからといって、これに縛られる必要はなく、臨機応変に考えればいいのです。出産後の声を聞くと、色々プランを考えたけれども、陣痛中、分娩室では実施する余裕がなかった…という人も多いようです。

(ア)    お産前

①    出産法について(ラマーズ法、水中出産、ソフロロジー法など)

(イ)    入院時

①    点滴、浣腸、剃毛等について

(ウ)    陣痛中・分娩時

①    どう過ごすか等~例えば

  1.  アロマセラピーを取り入れたい
  2. 好きなCDをかけてほしい
  3.  誰かにそばにいて欲しい、いて欲しくない
  4. 陣痛促進剤は使うか
  5. 撮影をしたい
  6. 会陰切開はしたくない、してもかまわない
  7. 好きなCDをかけて欲しい
  8. 臍帯血を採取して欲しい

(エ)    赤ちゃん誕生時

①    何をしたいか等~例えば

  1. ビデオ撮影をしたい
  2. カンガルーケアをしたい
  3. へその緒を夫に切ってほしい
  4. 胎盤を見たい、写真をとりたい

(オ)    誕生後

①    何をしたいか等~例えば

  1. 母乳以外与えない、与える
  2. 母子同室にして欲しい、してほしくない
  3. 個室がいい
  4. お風呂を入れる練習に、夫を参加させたい

3.    バースプランで忘れてはならないこと

バースプラン作成時に、夫婦で考えが異なる場合もあります。例えば、夫が立会いを希望するが妻が嫌がる、逆に妻が夫の立ち会いを望むが、夫が嫌がる等です。 夫婦でよく話し合って納得するプランを作成して欲しいと思いますが、基本的に、バースプランは、産む人の意思を最大限に尊重して作成しましょう。バースプラン作成で、母体にストレスがかかってしまっては、意味がありません。快適に、満足度の高い出産をするのが、バースプランの目的なのですから。