彼に知ってほしい!!男性の為のブライダルチェック


ブライダルチェックはカップルでブライダルチェックという言葉は最近一般的に知られるようになりましたが、誤解の多い言葉のような気がします。特に、男性の中には、「女性だけが対象で、自分は関係ない」と思っている人も意外と多いのでは?今日は、「彼に知ってほしい!!ブライダルチェック」というテーマで纏めてみました。

ブライダルチェックとは?

ブライダルチェックとは、結婚生活や、その後の妊娠・出産を迎えられるかどうかをチェックする為に、婦人科系を中心としたいくつかの検査をまとめたものです。

ブライダルチェックについての誤解

ブライダルチェックという言葉を聞くと、どうしても、結婚前に女性が受けるというイメージが湧きます。その為か、以下のような誤解があります

ブライダルチェックは女性が産めるカラダかどうかの品質保証?

子宮や卵巣の異常や、性感染症、子宮がんなどを早期発見するのが目的。妊娠しにくい要素が潜んでいないかどうか、妊娠した場合にリスクとなるような病気にかかっていないかを調べるもので、産めるカラダを保証するものではありません。

ブライダルチェックは、結婚する前に行う?

結婚生活、妊娠・出産を迎えられるかどうかをチェックする健康診断ですので、結婚前、結婚後に関わらず行えます。

「ブライダルチェック」という定型検査がある?

婦人科を中心にした色々な検査のパッケージをブライダルチェックと総称しており、医療機関によって内容や費用も異なります。

ブライダルチェックについての最大の誤解

ブライダルチェックは女性のみ対象?

Q&Aサイト等をみると、婚約者にブライダルチェックを受けて欲しいと伝えた所、「まわりでそんなものを受けている男いない」「俺を信用してないのか」と婚約者が怒り出した…等という投稿もありましたが、かなり多くの人がブライダルチェックは女性のみ対象というイメージを持っていないでしょうか。実際のところ、不妊の原因の半分は男性側にありますので、結婚生活や、その後の妊娠・出産を迎えられるかどうかをチェックするという趣旨からすれば、男女ともにブライダルチェックをうける必要性があります。

男性のブライダルチェックとは

男性のブライダルチェックには、女性と共通のものと、男性特有のものがあります。

共通のものとしては、

  • 問診
  • 血液型(ABO,Rh)検査(血液検査)
  • 風疹抗体検査(血液検査)
  • 梅毒検査(血液検査)
  • HBs抗原検査(血液検査)
  • HCV抗体検査(血液検査)
  • HIV-1,2抗体検査(血液検査)
  • クラミジア抗体検査(血液検査)
  • クラミジア抗原検査(分泌物検査・尿検査)

男性のみのものとしては、

精子精液検査

採取した精液を液化し、色、量、濃度、運動率、奇形率、受精能力などを調べる検査です。

貧血検査、生化学検査、糖尿病検査(血液検査)

糖尿病を治療せず、妊娠・出産に至ると、赤ちゃんに先天性異常が出る可能性が高いと言われています。 会社などでの定期検診は簡易な検査であり充分ではありません。

ブライダルチェックは、カップルで一緒に受けることにより、妊娠・出産を具体的にプラニングをする事が可能になりますので、彼にも重要性を良く理解してもらいましょう。