20代~30代に発症しやすい子宮頚がん:早期発見、早期治療を


子宮頚がんの検診受けようか?がんの発症は、一般的に40~50代以降に多いのですが、子宮頸がんについては20代前半~30代までの比較的若い患者が多いのが特徴です。初期にはほとんど症状がみられないため、発見が遅れる場合があり、毎年約10,000~15,000人の女性が子宮頚がんを発症し、約3,500人が死亡しています。また子宮頚がんには、分娩回数が多いと発症する確率は増加し、初産年齢が高くなるほど発症率は低下するというデータがあり、出産との関連性が高い病気です。

子宮頚がんの原因

まだ解明できていないところもありますが、現時点で、子宮頚がんの原因としてあげられるのは、ヒトパピローマウイルス感染症によるもので、性行為あるいは皮膚の接触によるものを含めて女性の約80%は知らない間に罹っているといわれます。 また、性体験の低年齢化傾向を反映し、最近では、20~40代の若い年齢での感染者数が急増しています。つまり、多くの女性は、子宮頚がんに罹る要因を抱えているということでしょう。

子宮頸がんの治療法は?

治療法は進行度、現在の年齢や体の状態、将来出産を希望するかどうかということを考慮して選択されます。具体的な治療法としては、主にウイルスが子宮頸部にとどまっている場合や、比較的若い女性の場合には、手術を実施する場合が多いようです。ガン細胞部位が限定的な場合は、除去がもっとも確実な治療方法である為ですが、高齢者については、手術により排尿障害などの合併症を起こす可能性を考慮して手術を見合わせるケースもあるようです。
転移が見られる場合や進行度が大きい場合は放射線治療を行います。また、抗がん剤で腫瘍を小さくして手術を行う、放射線と併用する等補助的な役割として化学療法も行われます。

子宮頸がんの予防、早期発見は?

子宮頚がんの予防の為のワクチンを接種することにより、約70%の子宮頸がんを予防できると言われていますが、ワクチン接種の副作用等の実態調査の為、厚生労働省は2013年6月に、約半年間をめどに「接種の積極的な勧奨」の一時中止という方針をだしています。(厚生労働省が、「積極的な勧奨」はしないのですが、ワクチン接種を受ける事は出来ます。)
子宮頚がんは、ヒトパピローマウイルス感染症になったとしても、がんになる可能性は低く、かつ進行が遅いので、検診により発見、治療する事が比較的容易な病気ですが、にもかかわらず、前述した通り毎年約3,500人が亡くなっています。
早期に発見する事ができれば、かなりの確率で治療可能な病気ですので、定期的に検診を受ける事を心がけておくことがとても重要です。低容量ピルの服用者は、子宮頸がんにかかる可能性が高くなるという報告もあるため、とくに子宮がん検診を欠かさないようにしましょう。