妊娠の症状:乳房・乳首の変化


妊娠 乳房 乳首

出産をすると、間をおかず授乳という大切な仕事が始まります。妊娠中、女性の乳房や乳首は、授乳に向けて準備をすべく様々な変化が現れてきます。女性ホルモンの分泌バランスの変化によるものですが、場合によっては、不快な症状も…。病気ではない事が多いのであまり心配はいりませんが、上手く対処して快適に過ごしたいものです。


妊娠中の乳房の痛みと対処方法

妊娠後に分泌される卵胞ホルモンと黄体ホルモンには、乳腺の発達を促す働きがあります。その結果、乳房はだんだん大きくなってきます。その際、乳房が突っ張るような感じがあったり、痛みを感じたりすることがあります。また、同時に乳首が敏感になり、衣服とこすれて痛みを感じたりする事もあるようです。

もともと乳房や乳首は、とてもデリケートなところ。あまり刺激を与える事はよくありません。痛みが強い場合は、タオル等をつかって軽く冷やしてみましょう。過度に冷やす事は控えましょう。


妊娠中の乳房や乳首のかゆみと対処方法

乳房や乳首のかゆみは、妊娠線が出来る前に感じる事がよくあります。この場合は、まずその部分を清潔にし、保湿を心がけるようにしましょう。また、授乳中でもないのに、乳首からでる少量の母乳のカスが溜まり、その部分がかゆくなる場合もあります。この場合もまずはその部分を清潔に保ち、カスを丁寧に取り除いておきます。ただ、乳首の刺激は、子宮収縮を促す事もあるので、気をつける事が必要です。

不快な症状が続く時は、早めに皮膚科に相談しましょう。(その場合は、妊娠している事をきちんと伝えてください。)


妊娠中の乳首や乳輪の黒ずみと対処方法

黄体ホルモンの分泌が多くなると、乳首や乳輪が大きく、また黒ずんでくる場合があります。これは、メラニン色素によるものです。出産後も授乳中は黒ずんだままですが、授乳が終了すれば、少しずつ色も薄くなっていきます。メラニン色素には、肌を守る働きがあり、乳首や乳輪の黒ずみは授乳に備えて皮膚を守るため…と考えられています。ケアの方法として、美白成分の入った乳液やクリームを塗る方法もありますが、一時的な事でもありますので、あまり神経質になったり、心配する必要はありません。

こちらの関連記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠の症状:むくみ
妊娠の症状:眠気
妊娠の症状:貧血
妊娠の症状:いらいら
妊娠の症状:お腹の張り
妊娠の症状:頻尿と尿漏れ
妊娠超初期症状