妊娠超初期症状 受精から着床までの時期の自覚症状


妊娠超初期症状~受精から着床まで妊娠超初期症状は、姙活中の女性なら比較的見逃すことなくキャッチできますが、妊娠を意識していない女性にとってはウッカリ見過ごしてしまいやすいという特徴があります。妊娠超初期症状がまったくでないという女性もいるので、必ずしも妊娠すると誰もが経験するというわけではありません。

着床出血の内容

妊娠を自覚できる妊娠超初期症状の中でも、最も早い時期に経験するものといえば、着床出血があげられます。着床出血とは排卵予定日から1週間後あたりに怒る少量の出血で、おりものに少し血が混じるといった程度のことが多いようです。妊娠するためには排卵日前後にセックスをすることが必要になるため、セックスによる出血かな、と妊娠を自覚しないままやり過ごしてしまう人も多いようです。

妊娠の目安となる着床出血

妊娠初期に入るとつわりが起こり、体に明らかな変化が起きる人が多いため、そうした症状によって妊娠を自覚することができます。しかし受精から着床までの妊娠超初期においては、自覚できる症状といえばおりものに茶色の出血が混じる着床出血ぐらいではないでしょうか。人によっては極度に眠くなったり疲れやすかったりという妊娠超初期症状が出る人もいますが、必ずしも自覚できるというわけではありませんし、生理予定日が近づいてから妊娠を意識する人も多いため、妊娠超初期症状はうっかり見過ごしてしまいやすいのです。

基礎体温による妊娠自覚

基礎体温をつけている人なら、妊娠超初期症状が出なくても早期に妊娠を自覚することができます。本来なら、排卵日から月経までの間に続く高温期は、14日間続いたら低温期に突入し、同時に月経がはじまります。しかし妊娠すると高温期が14日以上続くため、そこで妊娠を自覚できるというわけです。妊活中の人なら、着床出血が起きるのをチェックするよりも、基礎体温によって妊娠を自覚したほうがより確実といえるでしょう。

こちらの関連している記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠超初期とは
妊娠超初期の定義と留意点
妊娠超初期症状のタイミング
妊娠超初期症状の原因
妊娠超初期症状の内容
妊娠超初期症状と着床出血
妊娠超初期症状と基礎体温
妊娠超初期症状と化学的流産
妊娠超初期症状と想像妊娠
妊娠超初期症状の自己診断法