妊娠超初期症状の原因


妊娠超初期症状の原因妊娠超初期症状には、おりものに茶色い出血が混じる着床出血と呼ばれる症状や、下腹部や胸が痛んだり、体がだるくなったりする症状があります。

こうした症状はすべて妊娠したことが原因となって起きているわけですが、具体的に妊娠のどんな点がこうした症状を引き起こす原因になっているのかを知っていると、妊娠超初期症状が出てもそれほど心配することなくリラックスして過ごしやすくなります。

着床出血の原因

着床出血は妊娠超初期症状の中でも代表的なものですが、これは卵子と精子が受精して受精卵となり、受精卵が子宮に着床する際に起きるわずかな出血がおりものに交じってしまうことが原因で起こります。妊娠超初期や妊娠初期の出血は原因が心配ですが、妊娠超初期症状の一つである着床出血の場合には、出血の色が茶色っぽい事、量がごくわずかであることなどが特徴なので、もしもそろそろ生理予定日で、おりものの色が普段よりも茶色っぽく変色している場合には、妊娠超初期症状である場合もあります。

胸の張りの原因

胸や下腹部の痛みにも原因があります。妊娠すると女性ホルモンが活発に分泌されるため、乳腺が発達します。その為、胸の皮膚が張ったような状態になり、痛みを感じます。この胸の張りで、妊娠だと自覚する場合も多いようです。

 

こちらの関連している記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠超初期とは
妊娠超初期の定義と留意点
妊娠超初期症状のタイミング
妊娠超初期症状の内容
妊娠超初期症状 受精から着床までの時期の自覚症状
妊娠超初期症状と着床出血
妊娠超初期症状と基礎体温
妊娠超初期症状と化学的流産
妊娠超初期症状と想像妊娠
妊娠超初期症状の自己診断法