妊娠超初期症状の自己診断法


妊娠超初期症状の自己診断法

妊娠超初期症状は、その人によっていつどのような妊娠超初期症状がどんな風に現れるのかに個人差があります。

自己診断出来る症状 着床出血 胸のハリ

最も早期に妊娠を自己診断できる妊娠超初期症状には着床出血や胸のハリなどがありますが、このうち着床出血は経験する人よりもしない人の方が多いので、胸のハリなどによって妊娠の可能性を自己診断する人が多いといえます。しかし胸のハリは、妊娠していなくても高温期にはホルモン分泌によって張りやすくなる人が多いため、胸が張ったら必ず妊娠超初期症状というわけではありません。妊娠超初期症状から妊娠を自覚するためには、どのような自己診断をしたらよいのでしょうか?

自己診断方法

最も分かりやすい自己診断の方法に、排卵日からどのぐらいの日数が経過しているかをチェックするという方法があります。基礎体温をつける習慣をつけるのも良いでしょう。妊娠していない場合には、高温期は14日しか続くことはありませんが、妊娠すると高温期が14日以上ずっと継続します。そのため、胸のハリによって妊娠の可能性を期待する場合でも、ハリが14日以上継続したり、日を増すごとにどんどん張っていくような自覚がある場合には、そのハリは妊娠超初期症状の一つと考えると良いでしょう。

自己診断のリスクと対策

こうした方法で自己診断することはできても、確実に妊娠かどうかを自己診断することはできません。確実に妊娠しているかどうかを検査してもらうためには、やはりどのような妊娠超初期症状が出ている場合でも産婦人科を受診することが必要となります。妊娠超初期症状が出ていても、場合によっては想像妊娠という事も考えられます。特に妊娠を切に願う人や更年期が近づいてきている女性の中には、精神的な原因で想像妊娠をし、妊娠超初期症状を経験する人も少なくありません。こうした症状は産婦人科で検査をすればすぐに判定できるので、そうした意味でも自己診断で妊娠の疑いがある場合には、早期に産婦人科を受診するようにしましょう。

こちらの関連している記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠超初期とは
妊娠超初期の定義と留意点
妊娠超初期症状のタイミング
妊娠超初期症状の原因
妊娠超初期症状の内容
妊娠超初期症状 受精から着床までの時期の自覚症状
妊娠超初期症状と着床出血
妊娠超初期症状と基礎体温
妊娠超初期症状と化学的流産
妊娠超初期症状と想像妊娠