妊娠超初期症状と基礎体温


妊娠超初期症状と基礎体温

妊活中の女性の中には、普段から基礎体温を記録して早期の妊娠自覚に備える人も少なくありません。

基礎体温とは

基礎体温は、一般的に月経がはじまってから排卵日までの期間は低温期となり、排卵日を境に高温期に入り、そこから2週間後に再び低温期に入ると同時に月経も始まるというリズムがあります。そして妊娠した場合には、排卵日から続く高温期が14日以上続くのが一般的です。しかし、妊娠超初期症状の一つにはこの基礎体温がリズムを崩してしまうというケースがあり、必ずしも基礎体温が理想的なラインを描くわけではありません。

妊娠超初期の基礎体温

妊娠超初期症状には基礎体温がどのように変化するかは、個人差があります。妊娠していない場合には、排卵日から14日目で体温がグッと下がり、低温期に入るのですが、排卵日から14日前後あたりでさらに体温が高くなるという人もいれば、高温期の体温がそのまま持続するという人もいます。体温がどんな風に上がるか、どこまで高くなるかではなく、高温期が14日以上持続する場合には、妊娠を疑ってみると良いでしょう。

妊娠超初期症状と基礎体温

妊娠超初期症状と基礎体温には、大きな関係があります。基礎体温をつけることによって妊娠超初期症状のわずかな体調の違いにも敏感に気づくことができますし、通常なら月経前になるとイライラしたり精神的に鬱な状態になっていた人でも、妊娠した場合には、そうしたイライラを経験しないことで妊娠を自覚するという人もいます。排卵日から月経予定日までの超初期には、妊娠超初期症状を自覚する人はそれほど多くありません。しかし、普段から妊娠の可能性を常に意識している人なら、こうしたわずかな気分の違いや体調の変化にも気が付けるのではないでしょうか。

もしも基礎体温の動きは普段とは違うなと感じたら、他に妊娠超初期症状がないかどうかをチェックしてみましょう。妊娠超初期症状には他に着床出血や胸のハリ、下痢や便秘などの症状があるので、こうした症状が同時に起きている場合には、妊娠の可能性があります。

こちらの関連している記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠超初期とは
妊娠超初期の定義と留意点
妊娠超初期症状のタイミング
妊娠超初期症状の原因
妊娠超初期症状の内容
妊娠超初期症状 受精から着床までの時期の自覚症状
妊娠超初期症状と着床出血
妊娠超初期症状と化学的流産
妊娠超初期症状と想像妊娠
妊娠超初期症状の自己診断法