妊娠超初期に気を付ける事まとめ


妊娠超初期に気を付ける事お腹に赤ちゃんが出来ても、実は3週目くらいに入らないとヒトの形にはなっていません。0週から2週目までは細胞が盛んに分裂を繰り返すのみで、女性自身もまさか妊娠しているとは気づかないほどです。この3週目までの時期を妊娠超初期といいますが、無意識のうちにもお腹の中ではどんどん赤ちゃんが成長しようとしています。健康な赤ちゃんを出産するために、女性が気をつけるべきことがたくさんあります。

母親が摂取したものが赤ちゃんに影響を与える

一番に気をつけることは、喫煙やアルコールの摂取です。最近では男性の歩きタバコが減った一方で、女性が大胆に喫煙しながら闊歩している光景も目立つようになりましたが、煙草は胎児にも母体にも悪影響を与えます。お酒はときどき1杯飲む程度なら問題ありませんが、喫煙と共に未熟児や精神障害のある子供に育つリスクが高いのです。鎮痛剤や風邪薬などを気軽に服用していた人も、妊娠超初期からは医師と相談しての利用に切り替えることが必要です。ビタミン剤ですら残留性がある種類があるので、妊娠超初期にあるとわかったら気をつけることが大切です。妊娠超初期に日常生活でうっかりしやすいのは、カフェインの摂取です。一日にコーヒーやお茶を1杯から2杯飲む程度ならよいのですが、過剰に飲用するのはよくありません。なぜなら、カフェインには中枢神経を刺激して不眠などの症状に陥らせる作用があるからです。

適度な運動と安定した日々を

習慣にしていた運動やスポーツも、妊娠超初期の敏感な時期には控えるのが無難です。安定期に入ってから、ストレッチなどの体操で体を動かすのが適しています。他にも、重い荷物を持ったり旅行は、控える方が得策です。重い荷物は体の負担になりますし、旅行は慣れない場所での生活で、敏感になりがちな妊娠超初期に不要な刺激を増やしてしまいます。当然のことながら、妊娠超初期にはレントゲンにも気をつけることです。通常は問題ない程度のX線が放射されますが、検査前に妊娠の確認をされたときに正しい回答ができるよう、自身の体調の把握をしておく事が必要です。

こちらの関連記事もご覧頂ければ幸いです。

妊娠超初期の飲酒
妊娠超初期の服薬
妊娠超初期のレントゲン検査
妊娠超初期の運動
妊娠超初期の喫煙
妊娠超初期の旅行
妊娠超初期の仕事
妊娠超初期の夫婦関係
妊娠超初期のカフェイン
妊娠超初期に気を付ける事