妊娠超初期症状の内容


妊娠超初期症状の内容

妊娠4週目あたりに起こる妊娠超初期症状。どんな内容の症状が起きるかは、自分で選ぶことはできませんし、どのぐらいの強さで妊娠超初期症状が出るのかも予想することもできません。

妊娠超初期症状の内容には着床出血やだるさ、眠気、胸の張りや下腹部の痛みなどがありますが、これらは妊娠を意識していなければ見過ごしてしまうことも多い内容のようです。妊活中などで妊娠を常に意識している人なら体調の微妙な変化にも気づくことができますが、生理予定日に起きる妊娠超初期症状は「風邪かな」「疲れているのかな」と錯覚する人も多いのかもしれません。

妊娠超初期症状の多様な内容 

妊娠超初期症状の内容は他にもあります。例えば、夜ぐっすり眠れているのに昼間でも眠気が止まらなかったり、体がだるかったり、なんとなく熱っぽい気がするなど、風邪かなと思うような症状が出る人も少なくありません。花粉症のように鼻水が出やすくなるという内容もあるようです。風邪だと自分で判断して風邪薬を服用するのではなく、妊娠かどうかをまずチェックしましょう。

妊娠超初期症状 身体の変化や痛み

妊娠超初期症状には、体が変化するという内容のものもあります。例えば、胸やお腹がなんとなく張っていたり、場合によっては下腹部に痛みを伴うこともあります。成長期に胸が成長して痛くなるのと感覚が似ていますが、肌がむくんでいるというよりは、皮がピンと張ることによって痛みを伴うというケースが多いです。下腹部の痛みも生理の時に起こるようなチクチクしたり収縮するような痛みのため、生理が近い時に起こると妊娠初期症状だと判断するのがなかなか難しいものです。ですが痛みの続く長さが違ったり、その他の妊娠超初期症状と一緒に自覚することで妊娠しているかも、と気付く人は多いようです。

妊娠超初期症状 排泄

妊娠超初期症状には、排泄に関わる内容もあります。妊娠初期はまだ子宮も小さいので膀胱を圧迫することはありませんが、それでもいつもよりトイレの回数が多くなるという妊婦さんは多いようです。また女性ホルモンのバランスが通常時と変わるため、今まで便秘や下痢をそれほどしないような体質だった人でも、急に便秘や下痢を繰り返すようになる人もいるようです。

妊娠超初期症状 着床出血

また、妊娠超初期症状の一つに、着床出血というものがあります。これは妊娠3週目から4週目という早い時期に起きることがあるもので、多くの人が経験するわけではありません。着床出血は、受精卵が子宮内に着床する際に少量の出血をするというもので、出血の量は少量、そして継続するわけではないという特徴があります。

こちらの関連している記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠超初期とは
妊娠超初期の定義と留意点
妊娠超初期症状のタイミング
妊娠超初期症状の原因
妊娠超初期症状 受精から着床までの時期の自覚症状
妊娠超初期症状と着床出血
妊娠超初期症状と基礎体温
妊娠超初期症状と化学的流産
妊娠超初期症状と想像妊娠
妊娠超初期症状の自己診断法