妊娠超初期症状と想像妊娠


妊娠超初期症状 想像妊娠

妊娠超初期症状にはいろいろな症状があります。月経が止まって胸が張ったり、よく寝ていてもずっと眠気が止まらなかったり体がだるいなどの症状が一般的で、こうした妊娠超初期症状が続くために妊娠を自覚する人が圧倒的に多いもの。

想像妊娠に注意

複数の妊娠超初期症状が出ると、妊娠を確信して産婦人科を受診するのが一般的ですが、場合によってはいろいろな事情があって産婦人科に行くのが遅れてしまうという人もいます。その場合に注意したいのが、想像妊娠です。想像妊娠というのは文字通り、妊娠が想像であるという症状で、実際に妊娠しているわけではありません。しかし、想像妊娠といっても妊娠超初期症状を経験する人も多く、場合によっては胎動を感じたり、胎児がお腹を蹴った時の皮膚の膨張などを実感する人もいます。

想像妊娠の原因

想像妊娠は精神的な原因で起きることが多く、妊娠を心待ちにしている人や、基礎体温をこまめにつけながら妊娠超初期症状の訪れを今か今かと待ちわびている人に多く起こると言われています。産婦人科を受診して超音波の検査を受ければ、妊娠超初期症状が出ていても想像妊娠という事が分かるため、こうした妊娠超初期症状は一気になくなることが多いようです。

想像妊娠で注意すること

想像妊娠にならないためには、妊娠というイベントに対してあまり過度にストレスを感じすぎないように心がけることが必要です。妊娠したいと強く願っている女性が起こりやすいのですが、更年期が近づいてきて出産のタイムリミットが近づくと、深層心理的に大きなストレスを感じて想像妊娠となり、妊娠超初期症状を経験する人もいます。赤ちゃんが欲しいという気持ちは姙活中の女性なら誰もが持っている共通の気持ちですが、想像妊娠はできるだけ早期発見で早期治療を行うことが必要です。放置してい舞うとお腹も大きくなったり、場合によっては陣痛が起きたりすることもあるので、そうした事態を未然に防ぐためには妊娠かなと思った時点で産婦人科を受診するようにしましょう。

こちらの関連している記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠超初期とは
妊娠超初期の定義と留意点
妊娠超初期症状のタイミング
妊娠超初期症状の原因
妊娠超初期症状の内容
妊娠超初期症状 受精から着床までの時期の自覚症状
妊娠超初期症状と着床出血
妊娠超初期症状と基礎体温
妊娠超初期症状と化学的流産
妊娠超初期症状の自己診断法