妊娠超初期のレントゲン検査


妊娠超初期のレントゲン検査健康診断を受けるときには、必ずといっていいほど検査の一部に含まれているのがレントゲン撮影です。男女ともに胸部や腹部などの検査をするためによく行われますが、女性では乳がん検診でX線が用いられることもあります。歯科治療で行われるときもあります。レントゲンといえば、心配なのは身体への影響です。

そもそもX線撮影は、放射線の一種である電磁波を利用して体の内部を写し出すことです。ドイツ人のヴィルヘルム・レントゲンという物理学者が発見したので、この名前がつけられました。医療分野だけでなく、飛行機に乗る前に手荷物を通す機械にも用いられています。最近では、女性や高齢者がかかりやすいといわれる骨粗しょう症の診断にも使われているのです。

非常に有用性が高いのは事実ですが、放射線の一種であることから内部被曝が心配される方もいるのではないでしょうか。現在では一般の認識が高まり、よほどのことがない限り通常のレントゲンで医療被曝をすることはまずないといわれています。

健康に留意~レントゲン検査受診数を限定的に

現代の日本では、高齢出産をする女性も多くなっています。レントゲン検査を受けるのが一年に一度としても、若い人よりもX線を多く浴びているとも考えられます。中年以降に出産を考えるようになった女性は、普段から意識して健康に努め、骨盤部のCT、注腸造影などのように、特別な病気や怪我をしたときでもないと必要のないレントゲンを撮らなくていいようにすべきでしょう。妊娠超初期症状には気づけない場合も多いのですから、尚更健康への留意は重要です。

こちらの関連記事もご覧頂ければ幸いです。

妊娠超初期の飲酒
妊娠超初期の服薬
妊娠超初期のレントゲン検査
妊娠超初期の運動
妊娠超初期の喫煙
妊娠超初期の旅行
妊娠超初期の仕事
妊娠超初期の夫婦関係
妊娠超初期のカフェイン
妊娠超初期に気を付ける事