妊娠超初期症状と着床出血


妊娠超初期症状と着床出血妊娠超初期症状と着床出血には大きな関係があります。妊娠超初期症状と着床出血は排卵日から月経予定日にかけてかなり早い時期に起きることが多いのが特徴で、その中でも着床出血はおりものに交じって茶色っぽい少量の出血をするという症状です。

着床出血には個人差が

妊娠超初期症状と着床出血は妊娠した女性全員が経験するというものではなく、経験しない女性も多いため、必ずしも妊娠すれば妊娠超初期症状と着床出血を経験するというわけではありません。

着床出血の継続期間もまちまち

妊娠超初期症状と着床出血は、継続する期間にも個人差がありますが、1週間ぐらい続く人もいれば1日だけという人もいるのが特徴です。妊娠超初期症状と着床出血とよく似た症状で注意しなければいけないものには切迫流産などもありますが、切迫流産の場合には出血の色が鮮明な赤色ということが多いため、色で判断することも可能です。妊娠超初期症状と着床出血、そして切迫流産をどのように見分けるかは、出血の量や色で判断すると良いでしょう。おりものと交じっていることが多い着床出血は、色にすると茶色っぽい感じで、出血と認識できないことも多いようです。一方、切迫流産の場合には出血の色が鮮明な赤色ということが多いため、色で判断することも可能です。

切迫流産に要注意

出血の期間で判断することもできます。着床出血の場合には、長くても1週間程度で収まりますが、切迫流産の場合には放置しておくと進行するため、出血がずっと継続します。出血量も切迫流産の場合には着床出血と比べると量が多かったり、どんどん量が多くなることもあるので、放置せずに産婦人科を受診して、適切な治療を行うようにしましょう。

着床出血に伴って起こる妊娠超初期症状

着床出血が起きる場合、それに伴って別の症状が起きることもあります。それは、妊娠超初期症状のひとつでもある「胸のハリ」という症状。女性の中には妊娠していなくてもホルモンの働きによって高温期には胸が張りやすいという人もいますが、妊娠すると高温期がずっと継続するために胸も張りやすくなります。普段、月経前にそうした症状が起きない人なら、排卵日の後に胸が張ったりした場合には着床出血がなくても妊娠を自覚できるのではないでしょうか。

こちらの関連している記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠超初期とは
妊娠超初期の定義と留意点
妊娠超初期症状のタイミング
妊娠超初期症状の原因
妊娠超初期症状の内容
妊娠超初期症状 受精から着床までの時期の自覚症状
妊娠超初期症状と基礎体温
妊娠超初期症状と化学的流産
妊娠超初期症状と想像妊娠
妊娠超初期症状の自己診断法