妊娠超初期の仕事


妊娠超初期の仕事現代の夫婦には、結婚してからも共働きをするケースが多く見られます。実は、結婚後も仕事を続けてほしいと希望している男性は、全体の8割以上におよぶというデータもあります。かつては専業主婦として家を守ってほしいと思われていた妻の役目が、今では大分変わってきていることがわかります。

ただ、妊娠したことが判明したら、出産に向けて仕事をセーブする必要も出てきます。お腹に赤ちゃんが出来たことで、女性の身体は以前とはかなり違ってきます。今まで楽々と出来ていたことが大変になったり、通勤が重荷になったりすることもあります。妊娠超初期に気づかない女性も多いとはいえ、働きすぎて体調に異変を生じてしまうようなことは避けたいものです。

仕事との両立

妊娠超初期は、まだつわりも始まらない時期です。しかし、体に何の変化も感じずにいる人は、あまりいません。まさかお腹に赤ちゃんが宿っているとは思わなくても、ちょっと体調がおかしいと気づくことがほとんどです。生理前には、多くの女性が不調を感じます。妊娠超初期に出やすい症状も、いつもの月経周期と同じように受け取る人も多いのです。生理は病気ではありませんが、鎮痛剤を服用したり、安静にしたりするのが対策法です。しかし、妊娠超初期なら薬の服用はなるべく避けておきたいところですので、仕事を休んで安静にする事が一番です。妊娠超初期に気づかなかったとしても、自分の体にムチ打って頑張りすぎるのは禁物です。赤ちゃんが出来る可能性を考えて、仕事よりも健康でいることを優先すべきでしょう。

ストレスは禁物

気分が悪くなったら少し休憩をする、空腹で胃の具合が悪くならないように小腹を満たせるアイテムを常備しておくなどの工夫も大切です。仕事では何かとストレスを感じやすいので、上手に気分転換することも必要です。また、妊娠超初期を過ぎてつわりが始まる頃には、居ても立ってもいられないような気分の悪さが押し寄せることもあります。そんなときが来る前に、妊娠したことがわかったら早めに周囲に知らせることです。産休や育休の相談もありますから、早めの連絡が功を奏します。そうすることで、周囲のサポートにも期待が持てるはずです。

こちらの関連記事もご覧頂ければ幸いです。

妊娠超初期の飲酒
妊娠超初期の服薬
妊娠超初期のレントゲン検査
妊娠超初期の運動
妊娠超初期の喫煙
妊娠超初期の旅行
妊娠超初期の仕事
妊娠超初期の夫婦関係
妊娠超初期のカフェイン
妊娠超初期に気を付ける事