妊娠超初期の喫煙


妊娠超初期の喫煙喫煙は、百害あって一利なしといいます。煙草を吸うと気分がスッキリして、ストレスが解消するなどのメリットを感じる人もいます。しかし、ヘビースモーカーで禁煙などあり得ないと考えている人すら、煙草が体にいいとは思っていないのです。

女性の場合は、妊娠との関係に気をつけなければいけません。健康に赤ちゃんを授かるためには、喫煙はあまりにも多くのものを身体から奪っていきます。吸わない人に比べると、不妊症になる確率も高いとされ、男性では生殖機能の低下が、女性では卵子が老化しやすくなり早いうちに閉経しやすいのです。結婚や妊娠をきっかけに禁煙する人は男女ともに多いのですが、その前から女性は煙草を吸わないでおくのが一番です。

母体の健康を第一に

妊娠超初期を含めた妊娠中に喫煙していると、流産や発育の遅れ、早産といった胎児への影響が懸念されます。妊娠超初期という本人でもお腹に子供がいるとはわかりにくい時期には、流産の結果となってしまうケースもよくあります。まだ胎児の形にもなっていない頃とはいえ、妊娠超初期には本人が無意識なだけに繰り返してしまう可能性があります。すると母体には負担が重なるため、妊娠しにくい体質になる可能性も生じます。いざ赤ちゃんが欲しいと思ったときに、喫煙が原因で不妊症になっていたとわかるのではやり切れません。吸いすぎないようにするというのではなく、スッパリ止めてしまうほうが健康のためです。ニコチンは体内からビタミンCも奪っていきますから、美容のためにもよくありません。

生まれてくる子どものために

発育の悪い子供が生まれやすく、結果として未熟児が発生しやすいのです。テレビでは、未熟児が頑張って育つドキュメンタリー番組などが放送されることがあります。医学が発達した現代ですが、低体重で生まれた子供には過酷な体験です。できれば、平均的とされる体重で出産されるのが赤ちゃんにとっても楽で、お母さんにとっても安心です。妊娠超初期が判明した時点で、遅くはありませんので禁煙をお勧めします。スモーカーだった人からは、喫煙をやめたことを後悔しているという声は聞こえません。むしろやめてよかったと振り返る人が多く、妊娠超初期に吸っていたらどうなっていたかと思う人も少なくありません。妊娠超初期に胎児への影響を避けるには、新たなリフレッシュ法を探すことです。大事な妊娠超初期を安全に過ごす事ができ、節約にもなるのですから。

こちらの関連記事もご覧頂ければ幸いです。

妊娠超初期の飲酒
妊娠超初期の服薬
妊娠超初期のレントゲン検査
妊娠超初期の運動
妊娠超初期の喫煙
妊娠超初期の旅行
妊娠超初期の仕事
妊娠超初期の夫婦関係
妊娠超初期のカフェイン
妊娠超初期に気を付ける事