妊娠超初期の運動


妊娠超初期の運動お腹の中に赤ちゃんを授かると、その0週目から妊娠超初期という時期を迎えることになります。通常は第1週目で受胎に気づくような方はまずいませんが、母体には妊娠超初期から普段とは違う活動が始まっています。やがて妊娠1ヶ月、2ヶ月を経て10ヶ月目の出産を迎えるまでには、その週ごとに適した生活の仕方が必要になってきます。

でも、本人ですら気づいていない場合が多い妊娠超初期には、何か気をつけようにもどうすればいいのかわからないことだらけです。そのため、妊娠する可能性のある女性は、妊娠超初期症状についての知識をあらかじめ学んでおくと安全です。最後の生理を迎えたときから次の生理が始まる日まで、どんな女性にも妊娠と同じような状況が訪れ、妊娠していない場合、出血と共に受胎に必要だったものの排出されることになります。

妊娠超初期の運動についての留意点

もし妊娠していた場合、2週間も経つと人の形が作られ始めます。それまではただ細胞分裂を繰り返すだけなので、あまり神経質になり過ぎる必要はありません。ただし、妊娠超初期にあると気づいたら、すぐにも注意すべきことがたくさんあります。アルコールやたばこの摂取、カフェインの量、服薬、レントゲン検査などが、特に要注意とされていることです。日常生活面では他にも、重いものを持つことや、体に刺激が伝わるようなものは使わないようにしたほうがいいのです。運動やスポーツ、激しく体を動かすのは控えるべきです。今までしてきた運動やスポーツも、妊娠超初期には適切ではない事もあり得ます。時期によっては問題ないスポーツも、敏感な妊娠超初期には影響を受けやすいものです。アスリート並みのスポーツはもちろん、軽い運動の習慣にも配慮が必要です。

鍛える…より、安全に

この期間に危険性があるのは、流産です。それにすら気づかないケースもありますが、やはり母体にとっては大きなリスクとなります。もちろん、不妊症治療を続けてやっと赤ちゃんが出来た人は、人一倍敏感になるでしょう。うっかり転倒したりすることのないよう、履く靴にも注意するべきです。お腹の中は透けて見えないので、細心の注意を払って生活しているのです。お散歩程度でも、人によっては負担になることがあります。それまでスポーツをバリバリやってきた運動大好きな人も、過信は禁物です。過激なスポーツや運動は控えて、体操程度の運動が適切です。ダイエットのために運動している人も、ライフスタイルの見直しが必要です。

こちらの関連記事もご覧頂ければ幸いです。

妊娠超初期の飲酒
妊娠超初期の服薬
妊娠超初期のレントゲン検査
妊娠超初期の運動
妊娠超初期の喫煙
妊娠超初期の旅行
妊娠超初期の仕事
妊娠超初期の夫婦関係
妊娠超初期のカフェイン
妊娠超初期に気を付ける事