妊娠超初期の定義と留意点


妊娠超初期の定義妊娠超初期症状は、早い人なら妊娠していることを自覚しない段階で始まることがあります。次の生理が来るか来ないかぐらいの時期で、きちんと寝ているのに昼でも眠たかったり、下腹部や胸に張るような痛みを感じたりしたら、それは妊娠超初期症状が出ていると考えても良いかもしれません。

妊娠超初期の定義

妊娠超初期は、妊娠が分かってから妊娠2か月目に入るまでの期間と定義されています。妊娠1日目を最終月経の初日として認識する為、妊娠1ケ月目で妊娠に気づく人は非常に少ないようです。そのため、症状をはっきり自覚する妊娠2ケ月目~4ケ月である妊娠初期と比較すると、妊娠超初期の症状は充分に認識をされてはいないようです。妊娠1か月を28日の周期と計算するため、妊娠超初期は最終月経日の初日から28日間という事になります。

妊娠超初期の留意点

妊娠超初期には胎児の状態が不安定なため、ちょっとした原因でも流産するリスクが高いという特徴があります。そのため、できるだけ無理をせずにのんびり過ごし、妊娠が安定する妊娠中期に入るのを待つようにしましょう。早い人なら妊娠超初期の終わりごろから自覚することができる「つわり」の症状が出ることもありますが、妊娠初期に入ると症状が出てくることが一般的です。

こちらの関連している記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠超初期とは
妊娠超初期症状のタイミング
妊娠超初期症状の原因
妊娠超初期症状の内容
妊娠超初期症状 受精から着床までの時期の自覚症状
妊娠超初期症状と着床出血
妊娠超初期症状と基礎体温
妊娠超初期症状と化学的流産
妊娠超初期症状と想像妊娠
妊娠超初期症状の自己診断法