恥をかかない、喜ばれる出産祝いの贈り方、返し方


出産祝いは心をこめてこの世に新しく生を受けた赤ちゃんに対するお祝いとしてあげる出産祝い。大切なお祝いですから、何か心に残る特別なものをプレゼントしたいと思うものです。お母さんにとっても、赤ちゃんにとってもスペシャルなもの。いざとなるとなかなか思いつかないという人も多いです。それに、どのくらいの金額をかければよいのか、いつ送ったらよいのか、迷うことも多いですね。出産祝いの相場からいつどうやって贈ればよいか等、出産祝いのお作法をご紹介します。

出産祝いの相場

失礼のないためにも出産祝いにどのくらいの費用をかけたらよいのか、相場を知っておきましょう。兄弟姉妹の場合は、1~3万円、親戚やいとこの場合は3千円~1万円です。それから、友人・知人の場合は、5千円~1万円、同僚の場合も5千円~1万円が相場と言われています。

出産祝いで贈る物は?

出産祝いですので、赤ちゃんの洋服、哺乳瓶などのグッズを贈ることが一般的です。最近はおむつを可愛くラッピングして贈るケースもあります。実用的な物が喜ばれるようです。また、プレゼントを贈る代わりに現金を贈る場合もあります。このような場合は、現金はのし袋に包みましょう。のし袋の表面には、「御出産御祝」または「御祝」と書くのが一般的です。水引は紅白で蝶結びのものを使いましょう。

出産祝いは何時贈る?

出産を終えたお母さんは、肉体的にも精神的にも疲れていますので、病院にいくのはなるべく身内や近親者だけにしましょう。友人・知人の場合は、退院してからご自宅に伺って御祝いを渡すのがマナーです。お七夜を過ぎて落ち着いた頃が望ましいですね。ただ、親しい間柄でない場合には、先に贈り物を送る場合もあります。赤ちゃんとお母さんの安静に配慮した方法を取るのが親切です。

また、メッセージを送りたい場合は、出産の知らせを聞いた直後に、病院へ祝電を送るとよいでしょう。御祝いの気持ちはすぐに伝えたいものですし、電報を受け取ればお母さんも嬉しいはずです。台紙も選ぶことができる上に、ぬいぐるみや花束をつけることもできます。

出産祝いのお返しは?

出産祝いをいただいたら、そのお返しとして内祝いを贈るのが一般的です。生後1ヶ月頃のお宮参りに行った辺りに贈るのが正式です。のしは紅白の蝶結びのものを選びましょう。そして、水引の上に赤ちゃんの名前を書きます。出産祝いとしていただいた額のおおよそ3分の1~2分の1くらいの物を贈るのが相場です。お菓子セットやタオルセットなど食料品や消耗品が一般的に好まれるようです。赤ちゃんの写真を添えると喜ばれるでしょう。