妊娠中の歯の治療は、赤ちゃんに影響する?


妊娠中の歯の治療妊娠すると、これまでは普通に行っていたことが、「体に影響はないのかしら…、お腹の赤ちゃんに悪い影響は出ないかしら…。」と、急に心配になることがあります。その中の一つが歯の治療ではないでしょうか。

歯医者さんに行くと、治療を開始するにあたってのレントゲン、抜歯に際しての麻酔薬、お腹に負担のかかる仰向けの姿勢、治療に使う薬や痛み止めの薬の服用、更には、何となく怖い・痛い…というストレス。こう並べてみると、妊婦さんにとって、歯の治療は気になることだらけです。

妊娠中、歯の治療はした方がいいのか、先延ばしにした方がいいのかも、迷うところです。


妊娠中の歯の治療 : いつが最適?

出来る事なら、妊娠する前に治療は済ませておきたいものですが、なかなかそうもいきません。妊娠中に虫歯が気になり始めることもありますし、強い痛みで、急を要する事もあります。そういった場合、赤ちゃんへ影響について過度な心配は不要ですし、早く治療をする方がその後の妊娠経過にとってプラスになる事もあります。けれども…、出来れば妊娠初期は避けて治療を始めたいものです。

妊娠初期は、赤ちゃんの体の様々な器官が作られる一番大切な時期。歯の治療に使われるレントゲン・薬・麻酔などは、赤ちゃんへの影響はほとんどない事が報告されていますが、特別な場合を除けば、妊婦さんの体調も落ち着いている、「安定期」と呼ばれる16週以降に治療を始める事をおすすめします。(急な痛みがある場合などは、歯医者さん受診の際、妊娠している事をきちんと伝え、処置をしてもらいましょう。)

また、妊娠後期、出産が近くなると、お腹が大きくなって治療する際の仰向けスタイルは、お腹を圧迫する事になり、母体に負担がかかってしまいます。場合によっては早産のリスクも出てきますので、出来れば避けたいものです。

一番良いのは、やはり妊娠前の治療。出産後は赤ちゃんの世話が忙しく治療に出かけるのは、どうしても後回しにしてしまいます。妊活を始めたら、一度歯医者さんに出かけ、歯の健康状態もチェックしておきましょう。


妊娠中の歯の治療 : 歯周病と早産の関係

歯周病に感染している人は、そうでない人に比べ、切迫早産になるリスクが4~7倍になるという研究結果が出ています。進行の程度にもよりますが、看過できない数字です。お腹の赤ちゃんとママの口の中の状態が関係する…なんて驚きですが、口内を清潔に保つという事は、安全な出産にも関わる大事にことだという意識をもつ事は必要です。

つわりの時、歯を磨くのも辛い…という時期もあると思います。そういった場合は、まずは食後の簡単なうがいにとどめ(特別な洗浄液でなくても、まずは水でも構いません。)、1日の中でもいくらか気分の良い時に歯を磨くようにしましょう。

つわりがおさまったら、歯ブラシではなかなか取れない汚れを取り除くためにも、一度歯医者さんを受診し、口の中をお掃除してもらうというもよいかもしれませんね。


妊娠中の歯の治療 : 赤ちゃんの歯の発育

赤ちゃんの乳歯の歯胚(歯のもとになる芽のようなもの)は妊娠7週目頃からでき始め、永久歯の歯胚は、妊娠4~5カ月ころからでき始めます。その後、その部分にカルシウムやリン等が沈着して、石灰化と言われる硬い状態に成長していきます。

赤ちゃんの丈夫な歯を作る為には、その材料となるカルシウムやリンその他、ビタミンA/C/Dなどが必要となるわけで、ママは、それらを含んだ食事をバランスよくとることが必要となります。バランスのよい食事はママの体調管理や、赤ちゃんのカラダの成長だけでなく、お誕生後約1年してやっと生え始め、その後一生のお付き合いとなる歯の基礎づくりとして、とても大切だと言えるでしょう。