妊娠中に運転してもいいの?


妊婦の運転毎日の通勤、お買いもの、家族の送り迎え、介護の付き添いなどなど、運転する女性の数は一昔前に比べかなり増えています。日常の欠かせない移動手段となっており、妊娠したからと言って、簡単に運転を止められるものではありません。

「妊娠したら、運転を続けるのはよくないのではないかしら…?」と何となく、考えてしまうけれど、「なぜ、運転はよくないの?」「いつまでなら運転してもいいの?」という疑問については、よくわからないまま…という妊婦の方も多いようです。


妊娠中は車の運転はいけないの?

車の運転そのものが、妊娠中の女性にとって、悪影響を及ぼす…という明確なデータがあるわけではありません。ただ、妊娠中はホルモンバランスが崩れるという事がわかっており、そのために、注意力が散漫になったり、眠気を催す傾向がある…という報告がされています。

移動手段としては大変便利で、体の重い妊婦さんにとって、車での移動は楽ですし、重い荷物を持って歩く事を考えれば、体にとっても負担は少ないですが、とっさの判断が鈍ってしまう恐れもあり、慣れない道や遠出は、やはり避けた方がよさそうです。

また、実際に運転をする妊婦さんのお話では、お腹が大きくなってくるとお腹がハンドルにつっかえて運転がしづらい、普段よりも疲れやすくなる、バックをする時はハンドルコントロールが難しく感じる…など、妊娠をしていないときとは違う運転の難しさを感じている方が少なくないようです。


妊娠中の運転には、気をつけるポイントがあります。

運転中、お腹のはりを感じたら、無理をせず休むようにしましょう。同じ体勢で座っている事が必要となる運転は、胎盤のうっ血などを引き起こす事もあります。疲れを感じやすい妊娠期間中は長時間の運転は避け、急な体調変化にも対応できるよう、家の近くでの運転にとどめるように心がけましょう。

また、車の運転の時だけに限った事ではありませんが、母子手帳を携帯する事もお忘れなく。もしも…のときにすぐ適切な病院へ駆け込める準備はしておきましょう。妊娠中は特に大切です。

シートベルトについては、日本の法律では、妊娠中シートベルトをしなくてもよい事になっていますが、妊婦向けに、お腹に負担のかからないように装着する方法もあります。(事故で亡くなる赤ちゃんの割合は、シートベルトをママがつけていた場合の方が、少ない事が報告されています。)


妊娠中の運転について気をつける4つのポイント

出来れば、出産後まで運転は一旦お休みにしたいですが、なかなかそうはいかない事情のある妊婦の方も、少なくないでしょう。そういう方は、次のポイントについてはいつも心にとめておき、ママと赤ちゃんの命を守るためにも、安全運転を心がけましょう。

  1. 疲れた、調子が悪い、お腹が張る…などと思う時は、思い切って運転をやめる
  2. 長時間や、不慣れな道での運転は極力さける
  3. ホルモンバランスの崩れから注意力が散漫になりやすいという自覚をもっておく
  4. 母子手帳は常に携帯する