子宮内膜症は、妊娠・出産を望む女性にとって厄介な病気です


子宮内膜症は早期に対応子供を産める年代の女性の10%は、子宮内膜症であると言われています。子宮内膜症は、20代~30代の若い女性、また妊娠経験の無い女性に起こりやすい病気です。下血、痛み、性交痛等様々な苦痛を伴うだけではなく、不妊症の原因ともなる子宮内膜症の概要、原因、症状、治療法は、どのようなものでしょうか?

子宮内膜症とは

子宮内膜もしくは類似した組織が、子宮内膣以外の部分に発生し、増殖する病気で、近年、増加をしています。子宮外にできる「子宮内膜」は、発生する場所により呼び名が異なり、例えば、子宮の筋層に発生する場合を子宮筋腫、卵巣内での発症を卵巣チョコレート嚢胞といいます。
子宮内膜は、女性ホルモンにより閉経まで増殖するため、長期化・慢性化しやすく、不妊症の原因ともなる病気です。この厄介な子宮内膜症ですが、比較的若い20代~30代の女性に頻発しやすい、妊娠したことのない女性に多い、色々な臓器に増殖しやすいという特徴があります

子宮内膜症の原因

原因はまだ解明されていませんが、剥がれた子宮内膜の一部が、卵管を経由して卵巣や腹部臓器に達し、増殖するのではないかと言われています。また先天的な要素もあるのではないかという説もあります。

子宮内膜症の症状は?

子宮内膜症の症状は、発生場所によって異なります。 例えば卵巣内では、下腹部痛、チョコレート嚢胞の破たんにより、激しい腹痛がみられますし、卵巣表面の場合は、強い生理痛の原因となります。また卵管内の場合は、不妊症の原因ともなりますし、激しい痛みに襲われる事があります。その他、性交痛、排便痛、排便障害、下血、血便、血尿、腸閉塞の原因となります。

子宮内膜症の治療法

子宮内膜症についても、早期に発見し、治療をする事が最善の策ですので、月経異常などに気づいたら、出来るだけ早く婦人科で検診を受ける事が重要です。子宮内膜症の治療方法には、手術によるものと、薬物によるものがありますが、妊娠・出産の計画を踏まえて、治療方法を医師と相談しましょう。
早期の妊娠・出産を希望しているが、中々上手くいかず、不妊検査でも原因がわからない場合は、全身麻酔をしてお腹の中を腹腔鏡でモニター画面に映し出しながら行う腹腔鏡手術が選択肢となります。この腹腔鏡手術は、入院期間が一週間程度で、患者の負担も比較的少なくて済みます。子宮内膜症は再発を繰り返す病気なので、手術後、早く妊娠できるよう計画を組んで治療を進める事が重要です。
完治する為には、子宮と両側の卵巣を摘出します。この場合、女性ホルモンが分泌されなくなり、内膜症の組織も時間をかけて自然に消失します。
薬物での治療を行う場合、妊娠の予定が当分はない場合には、鎮痛剤での対症療法、それでは充分な効果が出ない場合は、内分泌療法を追加します。

子宮内膜症に気づく為には

最近では、月経回数が多いことが発症に関係していることも分かってきており、月経回数が多くなったと感じたら、子宮内膜症を疑ってみるべきでしょう。
また、貧血や不妊症を伴う場合が多いことも明らかになっており、貧血気味な場合、また不妊治療を受けているが上手くいかない場合等も、子宮内膜症の可能性がありますので、医師に相談をしましょう。

何れにしても、身体の細かな変化を見逃さない、定期的に健診を受ける等の事を心がけ早期発見する事が、とても大切です。