貴方のパートナーは大丈夫?EDについて理解しよう


貴方の彼もEDに悩んでいるかもEDという言葉は聞いたことがあると思いますが、内容については、ご存知ですか?人には直接尋ねにくい事柄でもあるだけに、十分な知識をもっている方は少ないのではないでしょうか。
日本国内で、何と1000万人以上の男性がEDの悩みを抱えているといわれ、いつ誰に起きても~つまり貴方のパートナーがEDになっても~不思議はありません。今日は、不妊の原因にもなるこのEDについて纏めてみました。

EDとは?

EDとは、Erectile Dysfunctionを意味する言葉で、日本語では勃起機能の低下のことをいいます。勃起不全、勃起障害とも訳されています。
性交渉をするための十分な勃起が起きなくなる、維持できなくなる状態のことを指しますが、日本国内でも1000万人以上の男性がEDの悩みを抱えているといわれ、いつ誰に起きても不思議なものではありません。
膣内射精障害といって、勃起が得られるにもかかわらず、膣内で射精することができないケースもあります。

EDの原因とリスク

原因は様々ですが、主に器質的、機能的、混在型、その他に分類されています。
器質的EDは、加齢に伴う変化や生まれつきの状態として、陰茎や神経系、血管、ホルモンなど、体のどこかに異常が生じて起きるものです。
これに対し、機能的なものの原因はストレスや過度な疲労にあります。
混在型は、器質的・機能的の両方に該当するリスク要因をもっていて発生するもので、その他としては、薬物の副作用などで生じる一過性のものや、脳幹機能の障害に由来するものなど、まだ十分なメカニズムが解明されていないものも含んでいます。

器質的EDの加齢に伴う変化とも関連しますが、肥満や糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病は大きなリスク要因であり、近年非常に増加している原因です。これらの治療薬の副作用でも、男性性機能が低下することがあり、EDを引き起こすことがあります。

機能的と分類される心の問題から発生しているケースでは、過去の経験などからくる性への恐怖心や罪悪感、自信喪失がもとになっている場合や、職場・家庭などで抱える問題に対する不安やストレスが影響している場合が多く見られます。

EDの検査・診断、治療はどのように行われるのか

医療機関では、まずは過去1カ月間程度の性的行為における勃起の有無などの問診を行います。早朝勃起の有無やその時の硬さも判断基準になり、基本的に早朝勃起が通常通りあれば、精神的なものからくるEDと考えられています。
ほかに血液検査や糖尿病などの疾患の有無、飲酒歴、薬剤の内服歴もチェックします。
超音波検査や尿検査、ホルモン検査、専用の薬剤を用いて勃起を誘発する試験を行うこともあり、これらから総合的に診断が行われます。

こうした検査・診断からその原因を見出し、それに合った治療を進めていくことになります。

生活習慣病が関係している場合には、その疾患の治療を行うことはもちろん、バイアグラなどのED治療薬の投与がなされます。ただし、この場合投与前に心疾患などの合併症がないこと、服用している薬剤との相互作用による危険がないことを十分確認しなければなりません。自己判断は危険ですから、きちんと医師の指示に従いましょう。

心の問題が原因ならば、行動療法や心理療法をとり、それで効果が見られない場合には、やはり投薬治療を行います。
その他の治療法には、ホルモン補充療法や補助具を用いる方法、自己注射法などがありますが、もっとも一般的なのは投薬治療となるでしょう。

EDを予防するためにはどうすればいいの?
EDの予防には、毎日の生活習慣を見直すことが欠かせません。リスク要因を避ける生活スタイルを心がけましょう。

肥満や高血圧症、糖尿病などの生活習慣病を予防する、カロリー過多にならない栄養バランスのとれた食生活やアルコールの節制、禁煙はED予防にもつながります。
睡眠不足や運動不足にも気を付けたいものです。

極端に熱いお風呂やきつい下着は、精巣に悪影響をもたらすこともありますから、避けるようにしましょう。

精神的な健康を保つため、趣味をもつなどして上手くストレスを解消することも大切です。
また相手のいることですから、パートナーの関係を良好に、日ごろから悩みや不安を打ち明けられる信頼関係を保つこともとても重要です。食事や会話を楽しみ、広い心で接しあいましょう。