妊娠超初期の肌荒れ


妊娠超初期の肌荒れ

女性の体は、月経周期に合わせてホルモン分泌にもリズムがあります。

妊娠超初期の肌荒れの原因

月経開始から排卵日までは、美肌ホルモンとも呼ばれている卵胞ホルモンの働きが活発になるため、あまりニキビなどの肌荒れがひどくなることは少ないのですが、排卵日から生理予定日までの14日間は、卵胞ホルモンに変わって黄体ホルモンが活発に分泌されるため、肌トラブルを起こしやすくなります。この黄体ホルモンも女性ホルモンでありながら働きは男性ホルモンに似ている性質があるため、肌荒れを起こしやすくなるのも、それが原因と考えられています。

妊娠超初期の肌荒れの認識の方法 ニキビや吹き出物の位置

妊娠超初期にはホルモンバランスが劇的に変化するため、肌荒れを起こしやすくなります。しかし、妊娠していなくても排卵日から生理予定日にかけては肌荒れしやすい期間になるため、生理前の肌荒れかなと考えてしまう人も少なくありません。もしも排卵日のすぐ後に肌荒れを起こした場合は、それが妊娠超初期の症状によるものなのか、それとも生理前に起きる恒例のトラブルなのかを見極めることができます。

妊娠超初期の症状として肌荒れが出ている場合には、ニキビや吹き出物などができる位置が変わります。生理前の肌荒れでは、口の周りやあごのあたりなどUラインに沿った場所にトラブルが起きることが多いのですが、妊娠超初期に起きる肌荒れの場合、鼻やほほなど顔の中心に近い部分にできたり、首など普段あまりトラブルを起こさない場所に吹き出物ができるのが特徴です。普段はできないような場所に肌トラブルを起こした場合は、もしかしたら妊娠超初期の症状かもしれません。他に症状がないかどうかをチェックしながら、早期に妊娠を自覚する判断材料にすると良いでしょう。

こちらの関連記事もお読み頂ければ幸いです

妊娠超初期っていつからいつまで

妊娠超初期の基礎体温の変化

妊娠超初期と眠気

妊娠超初期症状は風邪の症状と似ています

妊娠超初期の妊娠検査薬の使い方

妊娠超初期の胸のハリや痛み

妊娠超初期にもつわりのような症状が…

妊娠超初期のおりものの変化

妊娠超初期のカラダの痛み