妊娠の症状:吐き気の原因と対処方法


妊娠 吐き気一口に「つわり」…といっても様々な症状があります。精神的に不安になったり、1日中眠かったり、匂いに敏感になったり…。そういった症状の中でも、多くの妊婦さんが経験し、もっともつらい症状として挙げられるのが「吐き気」・「嘔吐」ではないでしょうか。

通常の吐き気は、ウイルスが胃を刺激し、そのウイルスを排除するために、吐き気を催すものですが、つわりの場合の吐き気・嘔吐は、そういったウイルスとは関係なくおこります。とくに症状が重い場合は、吐く内容物がなくなっても吐き気が止まらず、胃液を出すほどになるケースもあります。

「吐き気」の原因

妊娠すると、女性ホルモンが増加し、体内はこれまでとはちがうホルモンバランスになります。このホルモンバランスの変化が、「吐きづわり」の原因であると考えられていますが、吐き気の直接のきっかけになるものは、妊婦さんによってさまざまです。ご飯の炊ける匂いなど、特定の食べ物に反応してしまう事はよく知られていますが、ある妊婦さんにとっては全く平気なものが、別の妊婦さんにとっては見るだけで気分がわるくなる…というのはよく見受けられます。

また、妊娠初期は、妊娠に伴う不安や心配から精神的にも不安定になりやすい時期で、こういった心理的要因も吐き気を悪化させる一つの原因であると考えられています。


吐き気の対処方法

吐き気の強い時は、無理に何かを食べようとしなくても、基本的には構いません。食べないと、赤ちゃんの成長が悪くなるのでは…と考えてしまう妊婦さんもいるようですが、この時期は、胎児もまだまだ小さいですし、あまり神経質にならない方が良いでしょう。

食べやすいもの、美味しく感じるものを、食べられるときに、食べられる量だけ食べる…ということで良いと思います。一度にしっかり食事を取れないときは、少量を少しずつ何回かに分けて口にするようにしましょう。

水分不足には、注意する必要があります。水分不足により母体が脱水症状になってしまうと、母体は勿論、お腹の赤ちゃんにとっても決して良い事ではありません。自分の体調にあった飲み物を工夫して、少しずつでも水分を取る事を心がけましょう。

それでも、余りに吐く回数が多い、全く何も口に出来ない、急に体重が大きく減ってしまった、不安感が強い…等の場合は、早めにかかりつけのお医者様に相談しましょう。必要に応じて、点滴治療等で、体力が落ちないよう処置をする事もあります。

また、吐いた後は、胃の内壁が荒れていますので、その後の食事は、消化の良いものを少量から始めていきましょう。

こちらの関連記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠の症状:腰の痛みの原因と対処方法
妊娠の症状:動悸・息切れの原因と対処方法
妊娠の症状:熱っぽさの原因と対処方法
妊娠の症状:便秘の原因と対処方法
妊娠超初期症状