妊娠の症状:貧血


妊娠 貧血

ここで取り上げる貧血は、「妊婦貧血」と呼ばれるもので、血圧が急激に下がった時に起こるめまいや立ちくらみの症状をともなう「脳貧血」とは区別して考えます。「妊婦貧血」の場合、初期の頃は自覚症状が余りない事もあります。

妊婦貧血は、血色素(赤血球に含まれている赤い色素)の不足により、本来血色素の役割である酸素の運搬が上手くいかなくなった結果、酸素不足が生じることで起こります。酸素不足を補う為、心臓は普段以上に働く為、動悸や息切れが起こったり、疲れやすくなったりします。

また、この妊婦貧血は、ママにとってだけでなく、赤ちゃんにもよくない影響が出てしまいます。子宮を流れている血液から胎盤やへその緒を通して、赤ちゃんは酸素を取り込んでおり、ママの血液中の酸素濃度が下がってしまうと、赤ちゃんにも充分な酸素が届かない事になってしまいます。


妊婦貧血の原因

貧血の原因はいくつかありますが、最も多いのが、血色素のもととなっている鉄分の不足によるものであると言われています。鉄分は、レバーや豚肉、牛もも肉などに豊富に含まれていますが、普段通り摂取していても、妊娠期間中は必要になる量が増えてしまうので、結果的に不足してしまうのです。

妊娠中は、ママ自身のカラダだけでなく、お腹の赤ちゃんや胎盤などに供給する血液も必要となり、そちらに鉄分を取られてしまいます。また、分娩時の出血やその後の授乳等においても普段以上の鉄分が必要となるので、どうしても鉄不足からの「妊婦貧血」になりがちなのです。

妊婦貧血の対処方法

一般男性は一日1g程度の鉄分の摂取で充分だと言われていますが、女性はその2倍程度、そして、妊娠中は、3~4倍程度必要であると言われています。特に年子を妊娠・出産する場合は、鉄分を普段以上に必要とする時期が長く続きますので、特に意識して、鉄分を多く含む食事を心がける事が必要となります。

先に挙げたような、レバ―、豚や牛のもも肉等が多く鉄分を含みますが、緑黄色野菜等に多く含まれるビタミンCと一緒に調理すると、鉄分の吸収が良くなります。

貧血がひどい場合は、鉄剤を錠剤やカプセル剤などの形で、内服をし治療をする事になります。自分ではよくわからないうちに、疲れやすくなって、貧血になってしまっている事もあります。妊婦検診等を決められた時期にきちんと受けて、体調管理をしていくことが大切です。

こちらの関連記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠の症状:乳房・乳首の変化
妊娠の症状:むくみ
妊娠の症状:眠気
妊娠の症状:いらいら
妊娠の症状:お腹の張り
妊娠の症状:頻尿と尿漏れ
妊娠超初期症状