妊娠の症状:頻尿と尿漏れ


妊娠 頻尿 尿漏れ

妊娠初期、たいして水分を取っているわけでもないのに、頻繁にトイレに行きたくなることがあります。また、妊娠中期以降、ちょっとしたくしゃみやお腹に力を入れることで尿もれを起してしまう事があります。

どちらも子宮が大きくなることで起こる妊婦によく見受けられる症状で、殆どの場合、出産後には改善されていきますので、心配する事はありません。


妊娠中の頻尿の原因と対処方法

子宮は、丁度膀胱の後ろ側にあります。そのため、妊娠後子宮が大きくなってくると、膀胱が押されて、尿意を感じやすくなります。また、妊娠後は、体液が増えることで、腎機能が高まって、尿が排出されやすくなるため、何度もトイレにいきたくなってしまうのです。

あまり深刻に考える必要はありませんが、夜中に何度もトイレに起きてしまって、しっかり睡眠がとれないような場合は、夕方以降の水分補給を少し減らしてみましょう。ただ、水分の摂取量が余りに少ないと、脱水症状に繋がったり、尿路感染をおこしたりする事もありますので、過度に水分を控える事は禁物です。


妊娠中の尿漏れの原因と対処方法

妊娠が進んでくると、出産に備えて、子宮や膀胱を支えている筋肉がゆるんできます。その結果、くしゃみをしたり、お腹に急に負荷をかけたりすると、尿もれに繋がってしまうのです。

頻繁に起こり、気になるような場合は、生理用のナプキンを利用する等も一つの方法でしょう。出産後は自然に治ってきますが、出産回数が多い人等の中には、改善しにくいケースも見受けられます。単純な事ではありますが、お出かけ前や、目的地に着いたら、まずはトイレにいって用を足しておく…と、すこし安心かもしれませんね。

こちらの関連記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠の症状:乳房・乳首の変化
妊娠の症状:むくみ
妊娠の症状:眠気
妊娠の症状:貧血
妊娠の症状:いらいら
妊娠の症状:お腹の張り
妊娠超初期症状