妊婦の方に朗報です!妊婦の温泉入浴解禁!!


妊婦の温泉入浴妊婦は、温泉に入ると、母体や胎児に悪影響があるから避けるべき…と思っていませんか?

環境省は、32年ぶりに基準を見直し、「禁忌症(温泉療養をしていはいけない)」の欄から「妊娠中(特に初期と末期)」という、文言を取り除く事を決めました。

妊婦の温泉入浴のこれまで

1982年に定められた「温泉法」には、温泉療養をしてはいけない病気や症状の一つとして、「重い心臓病」などと共に、「妊娠中」があげられおり、分かりやすく掲示する事が義務付けられていました。温泉の効能などと共に、温泉の入り口に書かれているのを見て、「そうなのね、妊娠中は、温泉に入らない方がいいのね…」と思われた方もいると思います。妊娠中は、温泉に行くのを我慢した…という話もしばしば耳にします。

妊婦の温泉入浴の見直し理由

そもそも、この妊婦の温泉入浴禁止については、現行基準の科学的根拠が不明でした。そこで、専門家が改めて調査した結果、「妊婦が温泉に入ることが、胎児に悪影響をおよぼしたり流産や早産を引き起こす原因になる」という医学論文は存在しなかったということで、基準が見直されることになりました。

温泉入浴の効果

お肌がすべすべになる、痛みが和らぐ、肩こりがとれる、傷が早く癒える、などなど、それぞれの温泉の成分によって期待できる効果も様々です。
でも、温泉の一番の魅力は、お家のお風呂とは違って、手足をゆったり伸ばすことでのんびり、リラックスした気分になれることではないでしょうか。四季折々の景色の中の露天風呂など、本当に気持ちが良いものですし、温泉の後の、お友達や、パートナーとの食事やくつろぎタイムも、温泉とは切り離せないものですね。妊婦にとっては、ストレスを解消し、リラックスした気持ちで過ごすことがなにより大切。これからは、妊婦にとっても、温泉はとてもいい気分転換の場所の一つになりそうです。

妊婦の温泉入浴 妊娠中だからこそ気をつけて

ただ、妊婦は普通のカラダの状態でないのは確かなこと。温泉に入るまえの健康状態のチェックはもちろん、長湯をしたり、サウナに入ったりするのは控えましょう。心配な場合は、かかりつけのお医者様に相談してみるとよいですね。転んだりすることもないようくれぐれも気をつけて、温泉入浴を楽しみましょう。