子宮筋腫は珍しい病気ではありません


子宮筋腫子宮筋腫は、女性特特有の病気の中でも、耳にする事の多い病気です。その割合は、30歳以上の女性の20%~30%にもなると言われています。20代の女性にもみられ、ごく小さい筋腫までカウントすると、半数近くの女性にあるとも考えられています。子宮筋腫自体は、堅い球形のこぶのようなもので、悪性の腫瘍ではありません。よって命に関わるというものではありませんが、そのままにしておくと、様々な不快な症状を引き起こしたり、不妊の原因になったり、流産をおこしやすくなる事もあるので、適切な治療をする事が必要です。


子宮筋腫の原因

まだよくわかっていない事も多いのですが、胎児の頃の分化の過程で、いろいろな影響をうけた結果、筋腫のもとになる細胞が発生し、それが月経始まる頃に増えてくる性ステロイドホルモンに反応して、子宮筋腫になって行く…と考えられています。月経が深く関わるプロセスをたどるため、閉経後はもともとあった筋腫が小さくなる事が確認されています。


子宮筋腫の症状

最もよく表れる症状が、月経の出血量が多くなるということと、月経痛です。筋腫のできた位置によっては、貧血症状になったり、下腹部痛、腰痛、不正出血、排尿障害・静脈瘤など様々な不快な症状を引き起こす原因になってしまいます。


子宮筋腫の治療

全ての子宮筋腫が治療の対象になるわけではありません。治療が必要なのは、全体の1割程度だといわれています。

薬物療法で、擬似的に閉経状態をつくり、筋腫を小さくするホルモン療法を行う場合もありますが、不快な症状が強い場合や、不妊の原因になっている場合、また分娩の際、子宮筋腫が障害となる事が想定される場合には、手術をする事になります。手術をする場合は、将来子供を持つ希望があるのか、ないのか…が、術式を選ぶ際の大きな判断材料となります。

将来子供を作る事を希望している場合は、子宮を残す必要がありますので、筋腫部分のみを取り除く「子宮筋腫核手術」が行われます。この場合、極めて小さい筋腫までは取り除く事が難しい為、後になって再発する事があります。子供を持つ予定の無い女性には、通常子宮全てを取り除く「単純子宮全摘除術」が行われます。この場合、更年期のようなのぼせ、ほてり…といった症状が出る事もありますが、ホルモン剤などを用いた治療によって、そういった症状を抑える事もできます。最近では、内視鏡での手術も可能になり、以前より術後の回復も早くなっています。


月経時の異常出血等があったら…

子宮筋腫の場合は、適切な治療や手術によって、辛い症状を改善したり、不妊になる事を回避する事が可能になります。

産婦人科という診療科にかかるのは、抵抗感がある…という女性も少なくありません。妊婦検診等での産婦人科の診療を経験していない女性は、特にそういう思いが強いようですが、月経時、異常出血があったり、月経痛がいつもより強い…と感じたら、我慢を続ける事無く早めに婦人科を受診しましょう。そして、治療方法等を医師とよく話し合い、自分のライフプランにあった、納得のいく治療をスタートさせてください。

以下の関連記事もご一読頂ければ幸いです。

子宮筋腫についてのまとめ
子宮筋腫の症状
子宮筋腫の検査
子宮筋腫の種類と原因
子宮筋腫が不妊の原因となる?
子宮筋腫の治療法