イマドキ女子は、SNSで本当の自分を明かさない!? クールな自分をアピールするため、●●系情報はシェアNG?


イマドキ女子「本棚をみると持ち主が、どんな人かわかる」とよく言われます。これは、その人がどんな興味や知識を持っているか、蔵書を見れば大体把握できるという意味ですが、最近では、SNSで情報を発信する人が増えていますので、SNSでの活動傾向を見れば、同様な分析が出来そうに思えます。

イマドキ女子は、SNSで理想の自分をプロデュース

しか~し、イマドキ女子については、そんなに単純な話ではなさそうです。トレンド総研が、普段SNSを利用する20~30代の女性500人を対象に行った「SNSでの自己演出」に関する意識・実態調査では、イマドキ女子が、SNSで理想の自分をプロデュースしている傾向が明らかになりました。

調査によると、約3割の女性が「ふだんの生活とSNS上の自分では、キャラクターに違いはありますか?」という問いにYESの回答。
また、「SNSにおいて自分を“よく見せたい”と思うことはあるか」という問いには、50%が「ある」と回答。「SNSに投稿する際に、自分がどう見られるかを意識しているか」については、58%が「意識している」…のだそうです。

「知的でセンスのいい人」に見られたい

どんな風に「自分を見せたい」と考えているのかというと、「おしゃれでセンスがよい人というイメージに見せたい」、「SNS上では、知的に見えるような演出をしている」という声が多く、やはり、知的でセンスの良い人というイメージをアピールしたいようです。

この「知的でセンスのいい人」というセルフブランディングを行う為に、自分が発信するコメントだけではなく、どんな情報をシェアするかも重要視されていることも調査で明らかになっています。

シェアする記事やコンテンツもセルフブランディングのツール

35%が「情報をシェアする際にも自分がどう見られるかを意識している」と回答し、大多数(88%)の人が「おもしろいニュース記事やコラムだと思っても、自己演出の方向性と合致していない情報は、SNS上でシェアしない」と回答しています。その為、具体的には、クールなイメージを保つために、感動系情報はシェアをしない、政治ネタは避ける等の回答が寄せられています。

つまり、SNSでシェアされる記事、コンテンツは、彼女たちが本当に興味のあることではなく、彼女たちが「こんな風に見られたい」~セルフブランディングに活かせる情報ということなのでしょう。「SNS上でのコメントやシェアした情報」からその実像を理解できるほど、イマドキ女子は単純ではない!?

こちらもお読みくださいませ

赤ちゃんを居酒屋に連れて行った山田優さん アナタは共感する?批判する?