生理不順に対するホルモンバランスの影響


生理不順とホルモンバランス一般的に考えられるのは、女性ホルモンバランスの乱れです。月経は、脳の視床下部・脳下垂体、卵巣等の機能が関係し合いながら、女性ホルモン(黄体ホルモン・卵胞ホルモン)の分泌をコントロールしています。そのため、それらのどれかに支障が起きると、直ぐに月経に影響を及ぼしてしまう事になるわけです。

そういった機能的な問題の他にも、精神的な事から、ホルモンバランスを崩す事も少なくありません。女性にとって、ストレスを感じる事の多い日常の中で、生理不順を訴えている女性の数は、増える傾向にあります。

「月経はストレスの度合いを計るバロメーター…」と、言われるほど、精神的なストレスとホルモンバランス、そして月経との関係は大きいものです。強いストレスになると、一時的に感じただけで、月経不順を引き起こしてしまう事も報告されています。

生理不順は長引くと、将来、妊娠の確率を下げる事に繋がったり、のぼせや頭痛など、閉経前後にみられる更年期のような症状をひき起きしたり、場合によっては、閉経時期を早める事になり、骨粗鬆症を引き起こしやすくなったり…と女性に体にとっては心配な要因が増えてきます。

月経周期が一時的に不安定になる事は、決して珍しい事ではありません。しかし、そのままず長引くようであれば、婦人科の受診や、場合によっては、心療内科に相談してみるなど、機能・心的ストレス両面から改善を図るようにしたいものです。