妊娠の症状:いらいら


妊娠 いらいら日常生活には、イライラのたねは沢山あります。毎日の些細な事から大きな事まで、家庭内の事もあれば、仕事上の事も…。
とりわけ妊娠中は、イライラする気持ちを強く感じる事が多くなるようです。赤ちゃんがお腹に宿り、幸せな気持ちのはずなのに…。

妊娠中のいらいらの原因

妊娠中のイライラの原因は、ホルモンバランスの変化が大きく影響しています。特に妊娠初期と後期にその傾向が強い…と言われています。

妊娠初期は、つわりのために、思うように食事がとれなかったり、よく眠れなかったり、日中もずっと吐き気や倦怠感を感じたり…と、どうしても気持ちが晴れません。また、この頃は、妊娠を継続させる為のホルモンが増加し、それがイライラの原因ともなっています。

また、妊娠後期になると、カラダが重くなってスムーズに動けなかったり、近づいてくる出産の事を思うと不安なったり。特に初産の場合は、母親になることへの不安も強くなり、気持ちのバランスを崩しやすい時期でもあります。さらに、カラダの中では、出産に向けてまたホルモンバランスが変化し、それが一層気持ちを不安定にさせたり、イライラさせたりする事に繋がっていると考えられています。

妊娠中のイライラの対処方法

ヒトは、ストレスを感じると血管が収縮し、その結果血圧が上がります。胎盤や臍帯に繋がる血管も同じで、ママが強いストレスを感じイライラしたりすると、収縮し、充分な酸素や栄養分が胎児に届きにくくなるとも言われています。

ただ、それは、極度のストレスに、長期にわたってずっとさらされている場合で、日常生活における通常感じるいらいらの程度であれば、心配はいりません。むしろ自分がイライラしてしまう事に、自責の念を感じたり、何とかしなきゃ…と思うと、その事が、また新たなストレスになってしまいかねません。

イライラや不安を感じる時は、その気持ちを周りの人に話してみましょう。パートナーだったり、親・お友達・医師、助産婦さんなど。話すことで気持ちが楽になることは少なくありません。体調の良い時には、近場でお出かけをしたり、お茶を飲みに出かけたり、日常生活に変化をつけてみる等、うまく妊娠期のイライラとつきあっていきましょう。

こちらの関連記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠の症状:乳房・乳首の変化
妊娠の症状:むくみ
妊娠の症状:眠気
妊娠の症状:貧血
妊娠の症状:いらいら
妊娠の症状:お腹の張り
妊娠の症状:頻尿と尿漏れ
妊娠超初期症状