妊娠超初期のカラダの痛み


妊娠超初期の体の痛み妊娠超初期という早い段階では、妊娠初期に多くの妊婦さんが経験するつわりの症状をはっきりと自覚する人はそれほど多くいません。しかし、生理前の妊娠超初期という早い段階でも、妊活中だったり、妊娠を意識しながら生活している人の中には、わずかな体調の変化を敏感に読み取り、早期に妊娠を自覚できる人もいます。

妊娠超初期に起きる症状 体の痛み

妊娠超初期に起きる症状にはいろいろなものがありますが、体の痛みもその一つです。どんな風に体の痛みが出るのかは個人差がありますが、多くの妊婦さんが経験するのは、胸の痛みや下腹部の痛みで、生理前のような胸の張りを妊娠超初期に感じたり、生理前のような鈍痛を感じて、生理用ナプキンを着用して準備していたという妊婦さんも少なくありません。こうした痛みは、もし妊娠していない場合には排卵日から14日目にやってくる生理によって痛みも消滅するのが一般的ですが、妊娠している場合は妊娠超初期の症状の一つとして現れる体の痛みなので、排卵日から14日を過ぎても痛みがなくなるどころか、ずっと継続することが多くあります。

部分的な体の痛みではなく、全身に悪寒を感じるようなビリビリとした痛みを感じるという人もいます。こうした痛みを感じると、多くの人は風邪かなと勘違いしてしまうのですが、この場合にもしばらく様子を見て、症状が続く場合には、もしかしたら妊娠超初期の症状が出ているのかもしれないと考えることが必要です。妊娠による体の痛みは、日常生活に支障が出てしまうほど重度になることは少ないですが、生理痛のような痛みが妊娠超初期から妊娠初期に入っても継続し、生理のような出血がダラダラと続く場合は、もしかしたら切迫流産の可能性もあるので産婦人科を受診しましょう。

こちらの関連記事もお読み頂ければ幸いです

妊娠超初期っていつからいつまで

妊娠超初期の基礎体温の変化

妊娠超初期と眠気

妊娠超初期症状は風邪の症状と似ています

妊娠超初期の妊娠検査薬の使い方

妊娠超初期の胸のハリや痛み

妊娠超初期にもつわりのような症状が…

妊娠超初期のおりものの変化

妊娠超初期の肌荒れ