妊娠超初期症状は風邪の症状と似ています


妊娠超初期の風邪に似た症状

妊娠超初期の症状にはいろいろなものがあります。

妊娠超初期の症状は風邪に似ている

眠かったり、体がだるかったり、体が熱を持っていたり、また、鼻水がよく出るなどの兆候があり、こうしたものは、風邪を引いた時に感じる症状ともよく似ているため、妊娠超初期にこうした症状が出ると妊娠よりも風邪を疑う人は少なくありません。妊活中の人なら、こうした体調の変化でも安易に風邪薬などを服用してしまうことは少ないでしょうが、特に妊娠を意識していない人でも、妊娠の可能性がある場合には妊娠超初期の症状が出ているのかもしれないと疑ってみることが大切です。

妊娠超初期症状の中で風邪の症状ににているもの

風邪とよく似た妊娠超初期の症状は他にもたくさんあり、例えば、悪寒を感じたり、くしゃみが出たり、「いよいよ本格的な風邪だな」と思わせるようなものも少なくありません。こうしたものが妊娠超初期の症状の場合には、速い人なら排卵日の後1週間ぐらいから自覚し始めることがあります。風邪の場合には、そうした症状が1週間ぐらい続いた後に自然治癒することが多いのですが、妊娠超初期症状の場合は、生理予定日を過ぎてもなかなか収まらないことが多いというのが特徴です。収まらないどころか、妊娠超初期から妊娠初期に入って、症状がひどくなったり、ずっと継続するのが妊娠の特徴。そのため、妊娠の可能性がある場合には、くしゃみや鼻水が出たり、悪寒を感じたりした場合でも、安易に薬を服用しないようにして、1週間ほど様子を見てみるという方法もあります。

生理予定日を過ぎた頃からこうした症状がひどくなる場合には、妊娠の可能性も考えて産婦人科を受診することをお勧めします。もしも妊娠なら、そうした体のだるさが出ている場合には安静に過ごすことを心がけることが必要です。

こちらの関連記事もお読み頂ければ幸いです

妊娠超初期っていつからいつまで

妊娠超初期の基礎体温の変化

妊娠超初期と眠気

妊娠超初期の妊娠検査薬の使い方

妊娠超初期の胸のハリや痛み

妊娠超初期にもつわりのような症状が…

妊娠超初期のおりものの変化

妊娠超初期のカラダの痛み

妊娠超初期の肌荒れ