妊娠の症状:腰の痛みの原因と対処方法


妊娠 症状 腰の痛み妊娠してお腹が大きくなると、腰の痛みを訴える人が増えてきます。「家の仕事も、休みながらじゃないと、つらいの」という声もよく聞きます。赤ちゃんが成長し、お腹が重くなることが大きな要因ではありますが、それだけではありません。

腰の痛みの原因

妊婦さんが腰の痛みを訴える要因としては、主に2つの原因が考えられます。一つは、お腹が大きくなることで、バランスを取るためにこれまでとは違う姿勢になり、身体の重心が変化するためです。その事により、関節にかかる負担が以前より大きくなってしまうのです。

また、「リラキシン」というホルモン分泌が影響している事もわかっています。このホルモンは、出産時に赤ちゃんがスムーズに骨盤を通過するように、骨盤の靭帯を緩める効果があるものですが、靭帯が緩んだ結果、その周りの筋肉に負担がかかったり、腰や股関節の関節部分が安定しにくくなって、腰痛につながってしまう…と考えられています。このリラキシンというホルモン分泌は、妊娠後期に限った事ではないので、まだお腹があまり大きくない時期にも腰痛を引き起こす原因となっています。

腰の痛みの対処方法

腰回りの筋肉が血行不良を起こすと、腰の痛みは悪化しやすくなりますので、出来れば妊娠前から適度に身体を動かし、その部分の筋肉の血流を良くしておきましょう。また、妊娠後も出来るだけ、運動不足にならないよう、体調の良い時には、身体を動かすよう努めましょう。

激しい運動は控えるべきですが、妊婦さんを対象とした、マタニティーヨガや、マタニティースイミング、マタニティーウォーキング等は気持ちもリラックス出来るので、体調の良い方にはおススメです。

どうしても腰の痛みが辛い場合は、妊婦さん用の腰のサポートベルト等もありますので、お医者さまに相談してみましょう。必要に応じ、いろんなグッズの助けも借りながら、不要な我慢はせず、体への負担を軽くして、楽しくマタニティーライフを過ごしてほしいと思います。

こちらの関連記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠の症状:動悸・息切れの原因と対処方法
妊娠の症状:熱っぽさの原因と対処方法
妊娠の症状:便秘の原因と対処方法
妊娠の症状:吐き気の原因と対処方法
妊娠超初期症状