「生理休暇」を使った事はありますか? : 「頑張る貴女へ」 


生理休暇とる?「生理」「月経」は、無いと心配だし困るけれど、あればあったで、少し憂鬱…という感じの女性が多いと思います。けれど、先日もお話したように、生理の辛さは人によってとても大きな差があります。「月経困難症」と呼ばれる状態になると、日常生活も辛い状態が続きます。特に、働く女子にとって、腹痛や倦怠感を抱えながらの勤務は本当につらいもの。上司が男性という事も多い状況の中で、デリケートな生理の悩みを理解してもらうのはなかなか難しいものです。

生理のために仕事をするのがどうしても辛い時には、「生理休暇」を申請する事が出来ます。


「生理休暇」とは

労働基準法 第68条に、次のような条文があります
「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない。」

分かりやすく言えば…
「生理のために、仕事ができないほど、体調が思わしくない、辛いから休ませて欲しい。」と女性社員が申し出た時は、無理に働かせてはいけない…と、法律で規定されているということです。生理休暇を申請する際に、難しい申請手続きや診断書等の提出は、必要はありません。基本的には、「口頭」で伝えればよい事になっています。

    
「生理休暇」は、有給?それとも無給?

生理休暇の間の、有給・無給は、会社によって異なります。法律による規定はありません。法律的な考え方としては、「社員の生理痛などがひどい事に関して、会社にその責任はないから。」ということです。ただ、会社ごとに定める労働協約や、就業規則等に、その会社独自の取り決めとして、生理休暇を有給休暇として、給与を支払う…としているところもありますので、確認は必要です。


「生理休暇」を取る時には…。

間違ってはいけないのは、「生理になったから、お休みできる…♪」という事ではないということ。この制度は、本当に生理が辛い働く女性を守るためのものです。現状としては、申し出る事をためらう女性も多く、一番つらい数日は「とにかく退社時間まで、なんとか頑張る…」と、気力頼みの女性も少なくありません。職場の雰囲気を考えたり、男性上司に話す事を思うと、生理休暇を申請する事自体がストレスに感じてしまうような状況もあるようですが、本当に体がきつい時は、その旨伝え、せっかくの制度を有効に使いたいものです。

とはいえ、オープンな場所では、話しにくいと思いますので、1対1で、真摯にご相談するという姿勢で、お話しするのが良いかと思います。場合によっては、診断書を添えた方が、話が早いこともあるかもしれません。


「生理休暇」を取る時に心がけたい事

ただ、仕事をお休みするということは、理由はどうあれ、誰かがその分をフォローしてくれているということ。「生理休暇は」法律で認められた「権利」ではありますが、働く女子としては、通常のお休みの時と同じように、引き継ぎや、休んだ間の進捗状況に気を配るなど、周りへの気遣いを忘れないようにしたいものです。後輩や部下に女性がいる場合は、その人たちが生理で同じような辛い状態にないかということにも、気を配ってあげたいですね。

会社によって、その部署によって、職場環境は大きく異なります。女性が働きやすいかどうか、働き続けやすいかどうかというのは、その職場が、風通しがよく、コミュニケーションをとりやすい職場かどうかのバロメーターの一つとも言えそうです。