赤ちゃんが正しい味覚を身につけるためには? 基本は薄味?!


ミルク友人や仲間と食事をした時、「このお店、すごくおいしいね♪」と言われて、「そうね…」と答えたものの、「少し、しょっぱいかも…」とか、「そんなに、美味しいかな…?」と、微妙な味覚のずれを感じた事はありませんか?また、パートナーと一緒に生活を始めてみると、「この人、私の味覚とはちょっと違うかも…」と、毎日の食事作りに不安になった経験はありませんか?

育った環境、その後の食生活、体調など、味覚には、様々な事柄が影響しますが、ベースとなる味覚は、いつ、どのように形成されていくのでしょう。味覚には、「正しい味覚」というものが、存在するそうですが、「正しい味覚」と、「正しくない味覚」…。その違いは?


「正しい味覚」形成の重要性

食事をした時に、美味しいとか不味いと感じるのは、味覚だけではなく、視覚・聴覚・臭覚・触覚などを使って統合的に脳が判断しています。それら五感の中でも「味覚」の形成は、生まれて間もない母乳やミルクを飲んでいる頃に、始まっていると言われています。生後から乳児期にかけては、舌の上の味を感じるセンサーといわれる「味蕾(みらい)」の数がもっとも多く、味に対する感覚がとても鋭いことがその理由です。

味には、甘味・辛(塩)味・酸味・苦味・旨味の5つがありますが、本能的に赤ちゃんが好きなのは、甘味・辛(塩)味・旨味の3つ。「腐敗」を意味する酸味と、「毒」を意味する苦味…というのは、もともと備わっている防衛反応から、本能的に「嫌いな味」とされています。(後年、豊かな食生活をおくる中で、酸味や苦味も楽しめるようになります。いわゆる「大人の味がわかる…」というものですね。)

健全な母乳には、弱い甘味の乳糖と、旨味成分であるL-グルタミン酸、そして薄い塩分(辛味)が含まれており、母乳は、赤ちゃんが生きていく上で、好んで必要な成分をとる事が出来る味となっています。人口乳の粉ミルクもこの味・成分に近づける形で製造されています。大人が口にすると、味気のない感じがしますが、「正常な味覚」というのは、乳児が最初に口にするこの薄味の母乳やミルクによって養われていく…と、考えられています。

濃い味付けのものや、加工食品等を乳児期に与え過ぎる事は、「正しい味覚」の育成に影響を与え、より濃い味や油分の多い食品を好むようになり、大人になってからの高血圧・肥満・アレルギーの原因になる事が報告されています。つまり、赤ちゃんの時期に「正しい味覚」が形成されたかどうかは、後年、美味しいと感じる味が違う…といったレベルの話だけにとどまらず、大人になってからの生活習慣病等にも関わってくる看過できないポイントとなっています。粉ミルクを作る際、分量をきちんと計る事が求められるのも、消化吸収の側面だけでなく、「正しい味覚形成」の観点からも、とても重要だと言えるでしょう。


味覚と離乳食

生後五カ月目位から始まる離乳食。この時期も、基本は薄味です。成長に合わせて食べやすい形状を考えるのは勿論ですが、素材そのものの味を大切にし、そういった味を美味しいと感じる味覚を、作っていってあげましょう。

味付けの目安がわかりづらい場合は、市販のベビーフードを参考にする事もおススメですね。濃度や塩分など、なるほど…と参考になる事もあると思います。あまりベビーフードに頼り過ぎると毎日のことで費用もかさみます。上手く利用しながら、お手製の離乳食を、少し多めに作って冷凍しておくなど、工夫しながら、手間のかかる数カ月、何とか乗り切っていきましょう。

「食べる」…という行為は、毎日のこと。何を、いかに、誰と食べるのか…。カラダや心の健やかな成長にとても大切なことです。幼い頃に「正しい味覚」を形成することは、きっと豊かで楽しい食生活を長く続けていくことに、繋がっていくことでしょう。

こちらの記事もどうぞ

『いいママプレッシャー』って何?

マタニティマークとアンチマタニティマーク