出産にまつわるお金の話: 出産の費用、給付金


出産の費用と支給金

「出産って、お金がかかりそう、いくら準備をしておけばいいのかしら…?」と、なんとなく不安に思っている妊婦さんも多いのではないでしょうか? 妊娠、出産、育児の過程では、妊婦検診・出産費用・赤ちゃん用品の準備・その後の教育費などなど…累計するとかなりの費用が必要となります。今回は、出産にまつわる費用についてまとめてみます。

大まかな費用や、給付金などについて知っておくことで、あらかじめ準備をしたり、計画を立てたりすることができます。正しい情報を知った上で、を安心して出産に臨みたいですね。


出産費用は全額自己負担!…でも、ご心配なく。

母子の安全のため、医学的に必要があると認められた場合の帝王切開は、健康保健の適用が認められ、自己負担はかかった医療費の3割となりますが、通常の出産については、全額自己負担。自然分娩で出産した場合、平均して45万~50万程度かかります。個人病院か総合病院か、個室を選ぶのかそうでないのか、分娩方法はどうするのか…などによってかかる費用に幅はありますが、何れにしても、少ない金額ではありません。

でも…あまり不安になる必要はありません。公的な手当や保険など、申請する事で入ってくるお金も色々あります。必要な手続きをして、経済的負担を軽くしていきましょう。本来もらえる手当等をもらい忘れて、大きな負担を抱えこむことの無いように気をつける事は大切です。

大まかに分けて、出産の時にもらえるお金として(それぞれ加入していた場合)、以下のようなものがあります。

  1. 出産一時金(健康保険から)
  2. 出産手当金(健康保険から)
  3. 入院給付金・手術保険金(生命保険会社などから)


出産時の給付金 その1 : 出産一時金

妊娠4カ月以上で出産した場合に、赤ちゃん一人に対し、通常42万円が健康保健から支給されます。よって、双子の赤ちゃんの場合は、42万×2=84万円となります。(脳性まひの赤ちゃんが生まれた場合は、産科医療補償制度の対象となり、補償金が支払われるため、出産一時金は38万円となります。)一時金をもらう時は、医師に必要事項を記入してもらい、加入している健康保険窓口に申請します。(赤ちゃんの父親と母親が違う保険に健康保健に加入している場合は、どちらでもOKです。)

この場合、申請者の口座に一時金が振り込まれる事になりますが、直接病院に払い込んでもらい、不足分のみ現金で支払う…ということも2006年から出来るようになっています。大きなお金を一時的とはえ、自分のお財布から支払う必要がなくなるため、利用している人も少なくありません。


出産時の給付金 その2 : 出産手当金

仕事を「産休」としてお休みしているママの中で、その間給与の支払いがなかったり、一部のみの支払いになっている場合、「出産手当金」が健康保険より支給されます。期間は、出産前42日、出産後56日の範囲内となっており、支給額は1日につき、標準報酬支払額の3分の2に相当する金額となります。

給付を受けるには、「健康保健出産手当金請求書」に必要事項を記入し(病院・助産院や会社に記入してもらう項目もあります)、会社または、社会保険事務所に提出する事になりますが、この請求書は、職場の総務部などや、社会保険事務所でもらったり、またインターネットでダウンロード出来る場合もあります。よくわからない場合は、勤め先の担当部署に問い合わせてみましょう。


出産時の給付金 その3 : 入院給付金・手術保険金

これは、個人で生命保険会社等の医療保険に入っている場合に、切迫流産や帝王切開で出産したケースなどに、対象となるものですが、医療保険によって規定がいろいろあり、手術保険特約が付いていない場合等もあるので、契約内容の確認が必要です。

また、妊娠がわかってからでは、医療保険に加入できない…というケースもあったり、医療保険に加入できても「子宮部位」の保障が外れていたりする場合もあるので、近いうちに子供が欲しいと思っている場合は、妊活に入る前に、よく保険内容を確認したうえで、加入しておくと安心…と言えるでしょう。


まとめ

いずれにしても、申請には手続きが必要だったり、請求してから支給までに時差があったりします。出産が近づいて慌てる事のないよう、どんな出産方法を選択するのかも含め、お金の事も、パートナーとよく相談し、あらかじめ準備しておけるものは準備し、安心して、出産・子育てをスタートできる環境を整えておきましょう。