妊娠の症状:むくみ


妊娠 むくみ

妊娠中、むくみを感じる人は多く、特に妊娠後期にその傾向は強いようです。最近は、働いているプレママも多く、デスクワークで同じ姿勢を続けたり、立ち仕事が長時間続いたりすることもあって、足のむくみを訴える人が増えています。

冷え性の人・運動不足の人も足のむくみを感じやすくなります。その結果、これまではすっと履く事のできた靴が窮屈に感じたり、指輪がきつくなったりしてきます。

妊娠中のむくみの原因

むくみ(浮腫)は身体の皮下組織に必要以上の水分がたまってしまう状態の事です。妊娠中は血液中の水分量がそれまでにくらべ30%程度増え、皮下組織にたくさんの水分がたまる事になります。それに加え、子宮が大きくなることで、周りの組織が圧迫され、足の血流などは心臓にもどりにくくなる為、特に足のむくみを感じる事が多くなると言われています、

腎機能の働きが低下している事など、病的な要因で、むくみが起きている事もありますので、その場合は、適切な処置が必要となります。

妊娠中のむくみの対処方法

足の血流を良くすることで、かなり改善されますので、横になって足を高くする、足を冷やさないようにする、また、軽くマッサージをする…なども効果的です。冷え性の人は、足湯をしたり、軽くマッサージをしてリンパの流れをよくする工夫をしてみましょう。

最近では、むくみ防止の弾性ソックスなども出回っていますので、試してみるのもよいかと思います。同じ体勢を続けてしまう傾向にある働くママは、すこし足をうごかしてみるとか、環境が許すのであれば、足元に足つぼ用のグッズを置いてみたり、青竹を踏んだりしながら仕事をするのも効果的です。

また、塩分の摂取量が多くなりすぎると、むくみの原因となります。妊婦さんは特にその傾向が強くなります。毎日の食事のなかでも、薄味を心がけ減塩の食生活に慣れるようにしましょう。妊娠期に限らず続けていけば、体調管理にも役立ちます。

こちらの関連記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠の症状:乳房・乳首の変化
妊娠の症状:眠気
妊娠の症状:貧血
妊娠の症状:いらいら
妊娠の症状:お腹の張り
妊娠の症状:頻尿と尿漏れ
妊娠超初期症状