妊娠超初期の胸のハリや痛み


妊娠超初期の胸の痛みとはり生理前という妊娠超初期には、妊娠を自分で自覚できるような症状をはっきりと実感できる人はそれほど多くありません。

妊娠超初期の症状を認識するのが難しい訳

妊娠超初期は、最終月経の初日から28日間という短い期間と定義されていますが、その中でも、排卵日までの最初の14日間は妊娠しているわけではないため、妊娠超初期の症状が出る場合は、実質排卵日から生理予定日までの14日間という事になります。生理前に自覚できる妊娠超初期の症状には、着床出血や体がだるかったり熱っぽかったり、また、張ったような胸の痛みなどがありますが、その中には妊娠していなくても生理前に自覚するような症状もあるため、そうした症状が出たからといって、必ずしも妊娠しているとは断定できません。

多くの女性が感じる妊娠超初期症状 胸の痛みとはり

その中でも、多くの女性が妊娠超初期に感じるのが胸の痛みです。生理前には、ホルモンの分泌によって胸が張ったような痛みを感じる人も多いのですが、妊娠超初期にも同じような痛みを感じることがあります。痛くなり始める時期は、排卵日のすぐ後からという人もいれば、生理予定日に近づいてから自覚する人もいます。普段よりも早くに胸が張っているなと感じたら、もしかしたらそれは妊娠超初期の症状かもしれません。

具体的にどんな痛みかというと、成長期に胸が大きく成長する時と似たような胸の痛みで、皮膚が内側から押されているように感じる人も多くいます。また、人によっては乳首が痛くなる人もいます。妊娠が原因でこうした症状が出ている場合、妊娠の継続に伴って痛みがずっと続いたり、痛みがひどくなることも少なくありません。妊娠によって女性ホルモンがたっぷりと分泌され、乳腺が発達していることによる痛みなので、妊娠が安定する妊娠中期に入るのを待ち、胸のマッサージなどをして痛みを和らげる方法にトライすると良いでしょう。

こちらの関連記事もお読み頂ければ幸いです

妊娠超初期っていつからいつまで

妊娠超初期の基礎体温の変化

妊娠超初期と眠気

妊娠超初期症状は風邪の症状と似ています

妊娠超初期の妊娠検査薬の使い方

妊娠超初期にもつわりのような症状が…

妊娠超初期のおりものの変化

妊娠超初期のカラダの痛み

妊娠超初期の肌荒れ