妊娠超初期と眠気


妊娠超初期の眠気妊娠超初期の症状の一つに、眠気というものがあります。

妊娠超初期の眠気

慢性的な睡眠不足の人だと、眠気を感じても「いつものことだ」と流してしまうことも多いですが、妊娠超初期の症状で起きる眠気の場合、夜にしっかり眠っていても、昼間なんとなく眠かったり、体がだるかったり、体が熱を持っているような気がするなど、疲れがたまっていたり風邪の症状かなと感じやすい特徴があります。妊娠超初期の症状ではどのぐらいの眠気なのか個人差がありますが、とても眠くて、立ったままでも眠れてしまいそうなほど眠いという人も少なくありません。また、昼間に眠たいだけでなく、夜は早くに眠くなったり、朝も眠くてなかなか起きられないという人も多くいます。

妊娠超初期の眠気かどうか判断する為に

もし慢性的な寝不足を抱えている妊活中の女性の場合には、休日などを利用してグッスリと眠るようにしましょう。ただの睡眠不足や疲労なら、ぐっすり眠ると翌朝はシャキッとできるはずです。しかし、それでも眠く、眠気が日を追うごとに増していくようなら、もしかしたらそれは妊娠超初期の症状が出ているのかもしれません。生理予定日まで待ってから、産婦人科を受診しましょう。

妊娠超初期の眠気を感じる時期

妊娠超初期の症状による眠気は、生理予定日よりも早い時期に感じることが少なくありません。人によっては排卵日の1週間あたり前から異常なほど眠くなったり、生理予定日あたりから慢性的な眠気に襲われる人も多いです。そして、妊娠超初期症状の場合には、この眠気は妊娠中期に入るまではずっと続く可能性が高いため、場合によっては日常生活にも影響が出ることが考えられます。車の運転をする場合はくれぐれも注意しましょう。仕事中に眠くなって困るという場合でも、妊娠超初期ではあまり薬の服用はお勧めできません。どうしても眠すぎて生活に支障が出る場合には、産婦人科に相談しましょう。

こちらの関連記事もお読み頂ければ幸いです

妊娠超初期っていつからいつまで

妊娠超初期の基礎体温の変化

妊娠超初期症状は風邪の症状と似ています

妊娠超初期の妊娠検査薬の使い方

妊娠超初期の胸のハリや痛み

妊娠超初期にもつわりのような症状が…

妊娠超初期のおりものの変化

妊娠超初期のカラダの痛み

妊娠超初期の肌荒れ