妊娠の症状:熱っぽさの原因と対処方法


妊娠 熱っぽい妊娠の初期において、なんどなく体がだるい…熱っぽいという事があります。病気…というほどではないけれど、いつもと違う感じです。

女性の体には、一定のリズムがあり、排卵日を挟んで、低温の時期と高温の時期があります。その差は、0.3~0.5度程度。およそ低温期が2週間、高温期が2週間で、正常な基礎体温の場合、この変化がはっきりしています。妊娠した場合は、本来低温期に移行すべき時期になっても体温が下がらず、そのまま高温期が続く事になります。その結果、何となく体が熱っぽく感じてしまう事があるようです。

熱っぽさの原因

女性の体温は、月経を軸に、一つのパターンがあります。月経から排卵までが低温期で、排卵が起きると、ホルモンの影響で、体温が上がってきます。約2週間の高温期が続いた後、卵子が精子と受精しなかった場合は、体温がまた下がる事になります。

受精した場合は、妊娠を維持していく為のホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が、自分ではまだ妊娠に気づいていないような、「妊娠超初期」と呼ばれる受精直後の時期から分泌され始め、その結果エストロゲン、プロゲステロンといったホルモンが生成され、それらのホルモンの働きによって通常下がってくるはずの体温が下がらず、高温期が続く事になり、熱っぽく感じる…と言われています。

熱っぽさの対処方法

病的なものでなければ、38度を超えるような体温になる事はありません。妊娠による高温期継続の場合は、なんとなく熱っぽいな…という程度の変化を感じることが多いようです。妊娠を望んでいて、基礎体温を付けているような場合には、妊娠した事に気づきやすいのですが、そうでなければこの時期には、妊娠に気付かない事もあります。

妊娠の初期は、胎児の発達にとって、脳や心臓などの諸器官が出来始めるとても大切な時期でもありますので、性行為を行った事実がある…、あるいは、生理が遅れている…など、少しでも思い当たることがあれば、妊娠検査薬でチェックしてみるとか、診察をうけてみるなど早めに自分の体の状態を知ることが大切になります。

こちらの関連記事もご覧いただければ幸いです。

妊娠の症状:腰の痛みの原因と対処方法
妊娠の症状:動悸・息切れの原因と対処方法
妊娠の症状:便秘の原因と対処方法
妊娠の症状:吐き気の原因と対処方法
妊娠超初期症状