ファイトケミカルで妊娠・出産出来る若々しい体を保とう


赤ワインにはファインケミカルが含まれますファイトケミカルという言葉を聞いた事がありますか? 「ファイト」と言っても「戦う」のではなく、ギリシャ語で「植物」を意味する言葉です。妊娠、出産に必要な若々しい肉体を保つのに有効な、「第7の栄養素」として注目されているファイトケミカルについて纏めてみました。

ファイトケミカルとは

ファイトケミカルとは、植物が紫外線や虫など外部の敵から身を守る為に、産み出した物質で、主に植物のアク、色素、香り成分等に含まれています。色々な環境で、色々な敵に対応する多くの植物が、様々なファイトケミカルを産み出している為、種類も、効果もバリエーションに富んでいます。

ファインケミカルの効果

ファインケミカルは、活性酸素による体の酸化を防ぐ効果があります。

活性酸素とは体内で生じるもの、紫外線、大気汚染等で発生するもの、排気ガス、加工食品、殺虫剤等で発生するもの等色々ありますが、要は不安定な状態の酸素で、何とか安定する為に、近くの分子から電子をとろうとします。この動きにより、体内の細胞は酸化され、機能がマヒし、その結果シミ、シワ等の老化やガン、動脈硬化、糖尿病等色々な病気の原因となるのではないかと言われています。

ファインケミカルは、この活性酸素を消してしまうという効果があり、身体を若々しく保つのに効果があると言われています。

ファインケミカルの含まれる食物

ファイトケミカルは、主に野菜や果物に含まれていて1万種類くらいあるそうです。ワインに含まれるポリフェノールや、緑茶に含まれるカテキン等は、恐らく耳にした事があるのではないでしょうか?
その他、紅茶の渋み成分(タンニン)、赤ワインや黒豆の色素成分(アントシアニン)食品のアクに含まれる成分(サポニン)大豆にふくまれる成分(イソフラボン)玉ねぎに多く含まれる成分(フラボノール)ホウレンソウに含まれる成分(ルテイン)トマトやスイカの色素成分(リコピン)…等です。

人の体には、もともとこの抗酸化の仕組みが備わっているのですが、年齢を重ねるごとに、この機能が弱まって行き、活性酸素の悪影響を防げなくなってきます。ファイトケミカルを摂取する事に注意して、若々しい体を保持するよう努めましょう。