妊婦の皆さん、タバコのけむりには、気をつけて!


妊婦の喫煙妊娠をしたらお酒やたばこは止める…。と決めて、赤ちゃんの為に頑張っているママは多いと思います。飲酒と喫煙。一緒に語られる事が多いですが、妊娠していなければ、適量ならリラックス効果があったり、お友達とのコミュニケ―ションツールとしても欠かせないアルコールに対し、タバコは、「百害あって一利なし」と言われ、健康に及ぼす害の大きい嗜好品です。もし、今、あなたがタバコを吸っているのでしたら、少なくとも妊活を始めたら、妊娠がわかったら、喫煙は強い意思をもってストップしましょう。

妊婦の喫煙

喫煙は、体に悪そう…というのは、誰もが知っている事。ではなぜ、喫煙が特に妊婦にとって悪いのでしょう。煙に含まれる有害物質が、直接母体や胎児に影響を及ぼすからです。煙草を吸うと、ニコチン・タール・一酸化炭素・アンモニア等が体内に取り込まれ、末梢神経や子宮そのものが収縮し、血液の流れが悪くなってしまいます。その結果、早産・流産や破水異常が起こりやすくなってしまいますし、胎児は酸素不足や栄養不足になりがちで、低出生体重児が生まれる可能性も高まります。

また、タバコの煙の中に含まれている成分が、胎児の染色体を傷つけ、流産に至ることもあり、稀なケースではありますが、先天奇形や先天異常等をもった赤ちゃんの出産に繋がってしまう事も報告されています。

妊娠中、タバコを一日15本以上刷った場合では、非喫煙者と比べると流産の確率は約2倍に。早産の可能性も約1.5倍になると言われています。看過できない数字です。

妊婦と受動喫煙と副流煙

これまで述べてきたのは、妊婦の方が直接煙草を吸うケースについて。ここからは、「副流煙」のお話です。「副流煙」という言葉をごぞんじでしょうか?タバコを吸わない人が、他の人が吸っているタバコの煙を吸う事を「受動喫煙」と言いますが、その時に吸う煙が、「副流煙」です。フィルターを通らない煙のため、直接吸う「主流煙」より体にとって、有害であると言われています。

例えば、ニコチンは、主流煙の2.8倍、タールは3.4倍、一酸化炭素は4.7倍、アンモニアに至っては、46倍という驚くべき数字が、厚生労働省より発表されています。

自分が吸っていなくても、一緒に住んでいるパートナーや他の家族が吸っている場合もありますし、家の外では(今では完全禁煙の職場やお店が多いですが)、近くでタバコを吸う人がいたり…と、自分が吸わなくても、タバコの煙を吸い込んでしまう環境というのは、色々な所にあります。できれば、身近な人には、協力をしてもらったり、出来るだけタバコの煙がある場所にはいかないよう自ら心がけましょう。

タバコを吸う方で、よくベランダで吸ったり、換気扇の下で吸うから、家族には迷惑をかけていない…という人がいますが、例え換気扇を回していても、完全にタバコの成分を家の中から除去できてはいませんし、喫煙後4分程度は呼気の中にも、タバコの成分が含まれていると言われています。妊活を始めたり、妻が妊娠した事がわかったら、タバコを吸っていた夫もそれをいいきっかけとして、禁煙を始めてみてはどうでしょう。自分の健康を守り、妻の体を守り、赤ちゃんの体も守る…。パパとして、大事なお仕事の始まりです。

街に出ると、気をつけていても、ふとした時に煙を吸ってしまう事もあるかともいます。煙を吸わないよう気をつけて生活している妊婦の方にとっては、それだけで、「煙を吸ってしまった…」とショックを受ける方もいますが、これまで述べてきた事は、1回・2回の受動喫煙で、すわ、問題が…という事ではありません。

過度な心配や、不安はかえって妊婦の体にはよくないモノ。家族には、協力をしてもらう。自分からタバコの煙を吸ってしまうような場所にはいかない…位のルールで、ストレスなく、でも体を気遣った生活を送ってゆきましょう。