二人目を妊娠する為に


二人目を妊娠する為に子どもは二人と願っている夫婦は少なくありません。一人目を出産すると、二人目も出産しやすくなるとも言われていますので、希望を抱く夫婦もたくさんいらっしゃいます。ですが、一方で二人目がなかなかできないと悩んでいるケースも残念ながらあります。本日は、二人目を授かるために出来ること…について纏めてみました。

二人目を妊娠する為に まずはフィジカルチェック

一人目を授かったのですから、夫婦が肉体的、機能的に、子供を持つ力を有している点は、問題はなさそうですが、一人目からある程度の年数が過ぎていて心配ならば、念のため診察を受けておきましょう。早いうちから診察を受けておけば、適切な処置をとれますので、それだけ妊娠する確率も上がります。

二人目を妊娠する為に 卵子、精子の老化対策

二人目がなかなかできない理由として、一般的に年齢が上がり、体の状態が変わってしまうことがあります。年齢を重ねると、卵子や精子の質の低下も見られるようになり、なかなか妊娠しにくいという状況が起こりやすいからです。35歳を過ぎると、卵子は老化していきます。この老化は年々加速していきますので、第一子を妊娠・出産したからといって、必ずしも二人目を妊娠・出産できるとは限りません。

ですから、二人目を妊娠するためにも、卵子、精子の老化を防ぐためにできることはしておきましょう。ヘルシーな食生活を心がけることが大切です。必要な栄養素が体に行き渡っていなければ、質のよい卵子は育ちません。子育てに忙しいからと、自分の食べるものが雑になってしまわないように心がけるようにしましょう。食事に十分な時間が取れない場合は、卵子の老化を防いで妊娠を促すサプリメントなどをうまく取り入れてみると良いでしょう。

特に、卵子の老化はストレスや冷え性によっても加速されます。どんな小さな楽しみでもいいですので、自分の心がリラックスできるものを見つけるようにしましょう。あまり気負いすぎず、ママ友とおしゃべりをしたり、出かけたりして気分転換することも大切です。また、体をなるべく冷やさないように工夫しましょう。根菜を多く取るのもひとつです。そして、忙しいからといって、お風呂に入らずにシャワーだけで済ませるということは止めましょう。湯船にゆっくり浸かることで体が温まり、リラックスできます。

二人目を妊娠する為に 夫婦の良好な関係が前提条件

夫婦生活のことも一度思い返してみましょう。第一子が生まれ、日常生活にもいろんな変化があり、その変化に伴い夫婦間の関係性も変化していくのは、よくあることですが、日々の生活に追われ、気づいたら夫婦の時間がなくなっていた…では、二人目の妊娠は難しくなります。やはり、いつまでも、フレッシュな関係であることが、二人目の妊娠の最重要なポイントですし、基本でもあります。 とはいえ、フレッシュな関係を保つ特効薬等ないのですが、オシャレをして夫婦で出かける等、慣れ合いにならない非日常を作りだす事を心がけてみては如何でしょう?