生理不順に対するホルモンバランスの影響

生理不順とホルモンバランス一般的に考えられるのは、女性ホルモンバランスの乱れです。月経は、脳の視床下部・脳下垂体、卵巣等の機能が関係し合いながら、女性ホルモン(黄体ホルモン・卵胞ホルモン)の分泌をコントロールしています。そのため、それらのどれかに支障が起きると、直ぐに月経に影響を及ぼしてしまう事になるわけです。

続きを読む

生理不順の原因

生理不順の原因無月経の場合、まず確認しておかなければならないのが、「妊娠していないかどうか…」という事です。全く性交渉をしていない…というケース以外で、月経が来ない場合は、妊娠検査薬等を使って、まずは、妊娠反応を調べてみましょう。

続きを読む

無月経を放置すると…

無月経日本人は、平均的な初経年齢が、12歳前後と言われていますが、その後、妊娠や授乳以外で、月経が止まってしまう事があります。通常、妊娠もしていない、閉経もしていない状態で、月経がない状態は、普通ではありません。様々な原因が考えられますが、3か月以上、無月経の場合は、特に体調不良を感じなくても、医療機関に受診する事が望ましいでしょう。放置しておくと、妊娠・出産する事が出来なくなる可能性があります。

続きを読む

生理不順かな?と思ったら、放置せずに対策を!

生理不順の悩み生理不順に悩む女性は、非常に多いようです。生理は、女性の繊細な体が刻み続けるリズムであり、健康のバロメーターでもあります。このリズムに変調をきたすと、仕事や育児等日常生活に大きな影響してしまうのですが、忙しさの中で放置していることもあるのではないでしょうか? 本日は、この女性の健康にとって極めて重要な生理不順について、説明をします。

続きを読む